2013年10月18日 会長 福山信也

みなさん、こんにちは。

朝晩、急激に冷え込んできました。風邪など召されないように、日々、注意していきましょう。さて、ロータリーに友人や知人をお誘いするときに、皆様はどのような話をされておられるのでしょうか。私の場合は、お誘いしても、現状では出席の時間が取れない、という理由で入会頂けない事がほとんどです。相手の仕事を良く知っていて、時間が取れないことは十分に理解できます。逆に、忙しいのに大丈夫か。仕事は出来ているのかと聞き返される始末です。このようなやり取りを繰り返すたびに、ロータリーを伝えきれていないという想いが高まっていました。そんな折に、「なぜロータリーに入会するのか」という、リチヤードD.キング2001―02年度RI会長の文書を読む機会がありました。ロータリーの入会動機が良くまとまっていると思いますので、一部を紹介させて頂きます。
なぜロータリーに入会するのか?
リチャード・キング
•友情:ますます複雑化する世界で、ロータリーは、最も基本的な人間のニーズの一つである友人と親睦を提供します。これは1905年にロータリーが創設された2つの理由の中の1つです。
•ビジネス上の発展:ロータリーが創設されたもう1つの元々の理由です。誰でもネットワークが必要です。ロータリーは全てのビジネス社会を網羅する横断的な組織です。会員は、あらゆる職業の人々が参加しています。ロータリアンはお互いに助け合い、団体として他者を助けます。
•個人的成長と発展:ロータリーの会員は、人間関係を発展させ、自身を切磋琢磨するために、教育を受け、個人的に成長し続けます。
•リーダーシップ開発:ロータリーは、指導者や成功者から成る組織です。ロータリーで役職に就いて奉仕することは、いかにしてリーダーたちを奮起させ、影響を与え、導くかという、リーダーシップの大学教育のようなものです。
以下、20項目まで続きます。
読んでみて、今まで、伝えて切れていなかった部分もあり、大変参考になりました。これらの話と、城東RCの活動とを照らし合わせながら、ロータリーをお伝えし、入会に結ばれるように努めて参ります。皆様も、参考にお読み頂き、役立てて頂ければと思います。以上で、インフォメーションを終わります。ありがとうございました。

# by osakajotorc | 2013-10-18 12:12 | 会長インフォメーション