2013年12月6日 会長 福山信也

今月は家族月間です。
世界中のロータリアン、クラブと地区は、毎年12 月に「家族月間」を祝い、プロジェクト、活動、行事などの実施を通じて、家族と地域社会への献身を示すよう奨励されています。1995年のRI会長ハーバート・ブラウンは、世界平和は地域・家族から始まると考え、1995年11月のRI理事会において2月の第2週を家族週間と指定しました。2003年ジョナサン・マジイアベ会長は家族の重要性を主眼に置いて、12月を家族月間と指定し、これに伴って家族週間は廃止されました。
手続要覧によりますと、世界中のロータリアン、クラブ、地区は、毎年12月に「家族月間」を祝い、プロジェクト、活動、行事などの実施を通じて、家族と地域社会への献身を示すよう奨励されています。
ここで言うロータリーの家族とは、ロータリアンとその家族のみならず、インターアクタトやローターアクト会員、ロータリー交換留学生や米山奨学生など、ロータリーに関係する組織のメンバーすべてをロータリーファミリーと呼んでいます。
今月の家族月間を機会に、ロータリーの家族の絆をより一層強め行きたいと思っておりますので、よろしくお願い致します。

今月の友の紹介を致します。
われら、ロータリアンズという記事には、家族3人以上がロータリアンである方が紹介されています。その次の記事は、家族月間の行事が紹介されています。
色々な行事が紹介されています。
そして、ロータリー日本財団の平成24年度事業報告書が出ていまのす。詳しく書かれておりますので、是非お目通しください。

以上で、インフォメーションを終わります。
ありがとうございました。
[PR]

# by osakajotorc | 2013-12-17 15:54 | 会長インフォメーション