2018年9月21日 会長 家原 泰雄

皆さん、こんにちは。大阪東ロータリークラブの田中様ごゆっくりなさって下さい。
最近、本年度国際ロータリー会長が日本語に変換されたメールを送ってこられます。今月初めにも10月24日のポリオデーの案内で、ポリオ撲滅に関する世界的な認識を高める為、この日にイベントを開催しようの連絡でした。9月のロータリーの友に掲載されていた、ブレスという映画、すでに見られた方もおられると思います。1950年代にアフリカでポリオに感染し、首から下が全身麻痺になり人口呼吸器なしでは生きられない状況にも関わらず、前向きに生き、本人の車いす等の発想により明るく生き続け、またその妻の献身的な介護によって最後まで見届けたという内容でした。
私は、ロータリーに入会する前小児麻痺の病名は知っていましたが、恥ずかしながらポリオという言葉を知りませんでした。私の年代では小学校から高等学校に至るまで、何人か足の悪い人や腕の極端に細い人は何人かいましたが友人として普通に付き合っていました。雑誌のコラムに書いていましたが、子供が感染し足などが不自由になる病気と思っていましたが大人が感染するのは初めて知りました。この映画は本日が最終日だと聞いております、ぜひ見に行ってください。映画の最後にテロップで、主人公の奥さんは現在3人の孫を授かり幸せに暮らしているそうです。
[PR]

# by osakajotorc | 2018-09-28 14:31 | 会長インフォメーション