2018年4月6日 会長 薦田 光

皆様、今日は。今月は重点分野である母子の健康月間です。世界では疾病、栄養失調、医療の不備、不適切な衛生設備が原因で毎年、5歳未満の子供が590万人亡くなっています。サハラ以南のアフリカでは、39人に1人の女性が妊娠中または出産による合併症で亡くなっています。この様な母子の為の様々な支援活動をロータリーがさせて頂いて居ります。(ガバナー月信4月号に掲載)私達の小さな奉仕が世界中とつながって大きな奉仕の輪となるこれがロータリーの素晴しさでありましょう。
さて、只今季節は卯月4月は卯の花月、花残月とも呼ばれ、桜花満開、春爛漫の佳き日、細井親睦委員長はじめ委員会の皆様楽しい企画を有難度うございます。花の都京都、名妓が華を添えての京料理を松山閣 松山にていただき、一度は見たい“都をどり”でお開きとなります。
超豪華版のお花見会を満喫致しましょう。蛇足ですが卯月8日はお釈迦様の生誕日、お寺では甘茶を供え、お祝します。又、因みにお盆の16日には地獄の釜の蓋が開く日とか。幼い頃、両親に連れられてお寺で観た地獄絵は今でも忘れません。亡者が血の池や、のこぎりで切断されて阿鼻叫喚の図、悪い事したら死んで地獄に落ち苦痛が永遠につづき死ぬ事さえ出来ないほんまの地獄…と。
楽しいお花見会に無粋なお話ですみません。桜にもどって桜吹雪・桜の花筏・桜魚・桜鯛・桜蝦・桜海苔・桜餅・桜もみじ・桜結び・桜貝・おめでたい桜湯、さて、一服しまして芭蕉の句と西行の和歌一首。
・さまざまの(な)こと 思い出す 桜かな…芭蕉
・ねがはくは 花のもとにて 春(我)死なむ その如月の 望月のころ…西行
終ります。有難うございました。
[PR]

# by osakajotorc | 2018-04-23 12:44 | 会長インフォメーション