人気ブログランキング |

<   2018年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2018年6月15日 卓話:黒松 克行会員

「私のこの一年」

私は紙・パルプの業界にかれこれ35年います。私の入社当時は紙・パルプといえば米国が生産・消費ともに断トツでありましたが、10年ほど前から様子が変わりました。2016年度の世界の紙・板紙の生産量は4億トン、パルプが1.8億トンでありますが、今やアジアが経済発展を背景に高成長を示し、存在感が増してきています。中国古紙事情の話をしていきたいと思います。まず、最初に2期目を迎えた習近平政権の環境政策の下、2017年末より、一部の資源ごみの輸入を禁止しました。中国政府が輸入禁止としたのは、4種類、24品目になります。廃プラスチック・繊維系廃棄物などがメインですが、古紙も1品目禁止となりました。これが、一昨年辺りから需要が増え、価格の乱高下する要因となったミックス古紙であります。品種的なことは後ほど述べますが、廃プラスチック類においても古紙にしても汚れがひどかったり、残渣が多く残るものについては購入しないという事例です。例えばペットボトルですと、中国は破砕・洗浄したものを輸入してリサイクルし、中綿にして、人形とかの中綿にするということがされていました。年間1,500万トンの廃プラが輸出されていますが、その半分を中国が輸入していました。しかし、いろいろな再生資源を輸入してきたわけですが、リサイクル工場から様々な残渣が出てくる。又、公害対策も十分でなく、汚染物質が垂れ流され、河川が汚染され、大気が汚染されるとかいう問題がおきています。2期目を迎えた習近平政権が環境対策をさまざま形で強化をしています。2017年7月にはWTOに通告し、再資源輸入禁止計画を通知しました。この辺りから私たちの業界も今までとは様変わりし始めます。業界的には少しマニアックな話にはなりますが、お聞きください。
2005年当時の中国の製紙メーカーは通年で2,400万トンから2,900万トンの古紙を毎年コンスタントに輸入していました。昨年も11月以降は伸び悩みましたがそれでも2,572万トンの実績となりました。日本も2005年頃から毎年500万トンに近い数字を海外輸出していました。輸出国のシェアーは90%が中国であります。国内のメーカー生産量が2,650万トンですので、回収率80%の自国では2,100万トンが回収された古紙となります。その内の約400万トンが中国国内で消費されることになります。この古紙20%の行方によって、国内で発生する古紙のダンボール・ミックス古紙が、投機的な商品として流通することになっていきます。通年、中国の春節時期の1月中旬~2月下旬までは物が動かない時期であり、一年を通して一番販売価格が下がる時期でもあります。昨年の1~2月も同様であり中国向けに物が動き出したのも3月に入ってからです。通常はこの流れの中で為替事情を考慮しながら、価格帯が㎏2~3円までで変動していくのですが、昨年は4月から中国バイヤーが政府の動きを察知し、品質の良い日本にオーダーが殺到します。まず手始めに中国政府は、米国・欧州・オーストラリアからのミックス古紙輸入を禁止するという政策をとりました。米国のミックス古紙は通常、道端から一括方式(シングルストリーム)で処理されるが、これだと家庭排出の生ゴミと混合してしまいます。広東省にある大手板紙メーカーの責任者は、米国産ミックス古紙の品質は過去数年間に悪化の一途をたどり、最大で20%の生ゴミと汚染物質が含まれ、含水率も20%に達すると指摘しました。欧州品のミックス古紙の品質は米国よりさらに劣悪だとみられています。日本のミックス古紙は主に雑誌古紙とオフィース古紙、雑紙から成り立っており、通常は清浄で十分選別されています。このような中国側の措置により「ジャパン・ブランド」のプレミアム性が一段と高まることになるのです。このJブランド品がミックス古紙だけではなく、板紙国の中国では段ボール需要が旺盛なため、ダンボール古紙までが8月までに㎏当たり10円以上高騰しました。私の同業者は同じ仕入れで同じ加工をして、ただ単にコンテナ詰めするだけで、毎月何千万も利益として残っていくことが夏場まで続きました。しかし、このようなことはずっと続くはずがありません。2017年9月には中国当局の新たな環境規制により、米国・欧州だけではなく、他国を対象にミックス古紙、廃プラの輸入について2017年末を持って全面禁止令を世界に通達。そして中国国内でも環境検査で不合格となった工場については輸入ライセンスの発行を停止。事実上古紙を購入できるメーカーは大手数社となりました。この中国当局のアナウンス後、米国ダンボール古紙が80ドル暴落、日本のダンボールも5円以上暴落、ミックス古紙については荷動きも取れない状況となんと1カ月で様子が変わりました。逆に中国国内ダンボール古紙が60円まで高騰するという事態になりました。年末に近づくに連れてミックス古紙の輸出は中国向けが一部のメーカーにて年内いっぱいで、東南アジア向け(タイ・ベトナムなど)には70~80$の超安値で輸出されるという状況でありました。中国は新しい年にはいり、新しいライセンスが発行されれば再度暴騰するとの説もありましたが、中国大手メーカーは静観し、古紙市況は低迷が続きました。そして、製紙の原料である古紙を買えないと判断した中国製紙メーカーは今度、パルプや段ボール原紙を買い始めます。これにより、世界のパルプ市況はドルベースで40~50$高騰し、日本のパルプメーカーも恩恵を受けることとなります。ダンボール原紙も中国輸出の数量が大幅に増え、日本国内の板紙メーカーは好調な販売状況が続きます。何せ、昨年までは作りたくても古紙がないため、作れなかった状況が続いていたのですが、今は原料が安価で発生物のほとんどが日本国内で流通する状況に変わったため、製即販の状況であります。3月以降は中国側の輸入規制がさらに厳しくなり、米国品、韓国品でシップバックが相次ぎました。そして新たに、中国当局より年間30万トン以下のメーカーにはライセンスを発行しないと通達しました。これによって、4月に入り、高品質の欧州ダンボール古紙、米国ダンボール古紙が高騰し、低グレード品との格差が広がり、低グレード品については受け入れてくれるのは東南アジアのタイやベトナムのみとなってしまいました。4月下旬、中国当局が米国CCIC(中国向けの輸出検査機関)の業務を5月4日より1ヶ月間停止すると発表されました。これはトランプ大統領がもたらした米中貿易摩擦の対抗処置との憶測が広まり、中国向け輸出が全面ストップします。米国品は東南アジアへ売りが殺到し、東南アジア市況がさらに下落します。米国品は中国向けがストップしたため価格が急落します。代わりに欧州品が再度高騰し、中国国内でも再度ダンボール古紙が高騰します。そして、ついに中国国内では大手製紙メーカーが操短を発表します。そして最終的には、古紙やパルプなどが国内で高騰したあおりを受けて製品であるダンボールや板紙が高騰するというインフレ状態になっています。総括すれば中国当局の環境規制に端を発した今回の古紙市況の乱高下ですが、中国政府の狙いは環境改善と業界再編の両方と思われます。環境投資できない中小メーカーは輸入ライセンスが発行されず、バカ高い国内古紙100%で生産せざる得ない状況となっており、コスト高で製品の値下げも出来ない状況が続いており、環境投資に回す資金の余裕もありません。一方で、輸入ライセンスが発行されている大手メーカーは安価な輸入古紙を購入した分だけコストが下がり、各社とも最高益を計上するほど業績は好調です。いわば輸入ライセンスが企業の収益と存続のカギを握っている訳で、ライセンスの発行が利権となりつつあるのも事実であります。中国大手メーカーは業界の淘汰が進むまで、現状のライセンス制度の存続を望むでしょうし、その為には中国政府の言いなりにならざる得ない状況が続くと思われます。昨年来の古紙市況の乱高下は明らかに人為的な相場となっており、暫くは中国に振り回される状況が続くと思われます。
 

by osakajotorc | 2018-06-26 12:31 | 卓話

2018年6月15日 会長 薦田 光

皆様、今日は。大阪東RCよりお越しの坂下啓輔様どうぞごゆっくりお過し下さいませ。2013-2014年度の留学生エミリーさんが里帰りされています。エミリーさんお帰りなさい。久々クラブの皆さんとの団欒を楽しんで下さいね。
Ian H.S.Riseley RI会長のテーマ“Rotary:Making a Difference”で始まった今期も余すところ15日となりました。去る6月8日のクラブアッセンブリーで御報告致しました様に今期はかなり行事が増えた事は、その分何かしら変化をもたらしているのではないかと感じられ今期の当クラブモットー“Make joyfully a Transition”にも通じているかなと思います。そして、もうすぐ始まる次年度RIテーマは“Be the Inspiration:インスピレーションになろう”です。私には哲学的で難解ですが、ロータリーの友6月号、FRIENDSHIP PLAZA P.16の刀根荘兵衛氏(敦賀)「次年度RIテーマ日本語訳について思う」の記事が大変参考になりましたので是非お目通し下さい。
さて本日は「テ」で始まる観光対象のお話です。もうすぐ7月24~25日大阪の天神祭りは東京の神田祭り、京都の祇園祭りと共に日本三大祭りの一つとされています。御祭神は言わずもがなの菅原道真公ですね。全国に1万社以上あるとされる天満宮の総本宮(総本社)が京都の北野天満宮と福岡の太宰府天満宮です。社号および「天神さま」という呼び名は、菅原道真公が死後に贈られた「天満大自在天神」という神号に由来しています。59歳で死去。丑年没。丑年生まれ。代々宮廷の学者を務める家系。右大臣。学問の神、慈悲の神、至誠の神、書の神(書の三聖の一人)、和歌や連歌の神として信仰を集めています。江戸時代の寺小屋の広まりで学問・手習いの神、子供の守り神として親しまれて来ました。「テ」の対象ではディズニーランド、ティファニー、ティンプー(ブータン王国の首都)、デロス、天安門、天竜峡etc…。☆東風吹かば匂いおこせよ梅の花 主なしとて春な忘れそ(春を忘るな)(道真公)
☆ハァー天竜下ればヨホホイノサッサ しぶきに濡れてヨ、咲いた皐にエー咲いた皐に、虹の橋…
御清聴ありがとうございました。

by osakajotorc | 2018-06-26 12:29 | 会長インフォメーション

2018年6月8日 卓話:西中 元会員  川東 三江子会員

イニシエーションスピーチ

 西中 元会員   
生い立ち
1944年(昭和19年)1月1日大阪市城東区今福で生まれました。74歳です。昭和37年、住友銀行に入社しました。生野→守口→千林各支店をまわり、昭和48年7月退社し、1年6か月間、不動産会社に入社、不動産業を勉強しました。「なっても支店長」という事がわかり、不動産業をやって、お山の大将になりたいと思いました。
職業
昭和50年1月独立。泉ビル㈱を設立し、業歴44年になります。当初は仲介・売買を中心にやっていましたが、現在は収益マンション・収益ビル10棟200室を所有し、家賃収入を中心にしております。私の仕事のモットーは、「キャッシュフロー」主にした経営を中心にしております。要するに、手持ち現金はあるかと、身体が大事なんです。商売はもうかっているが資金繰りがうまい事いかず、倒産する→「黒字倒産」が中小企業には非常に多いんです。特に2代目の経営者に。
スポーツ
サッカー 11年間(学生・住友銀行時代)
ゴルフ  城陽CG 他3 計4つ会員権を持っております。
趣味
旅行   昔はハワイ・オーストラリアによ
く行きましたが、現在は国内が中
心です。
車    20年間で45台乗りかえました。
道楽です。妻も呆れています。
以上、簡単ですがスピーチを終わらせて頂きます。今後とも宜しくお願い致します。

 川東 三江子会員
税理士の川中様よりご紹介いただき、4月に入会しました、川東三江子と申します。現在は、大阪市中央区で社会保険労務士の仕事をしています。仕事内容は、企業のご依頼で、人事労務のご相談に乗らせて頂いたり、就業規則を作成したり、社会保険関係の手続代行をしたりしています。早いものでこの仕事をするようになり、10年以上になりました。
生まれは、大阪府守口市。父は建設業を営んでおりましたが、現在は引退し、兄が継いでいます。小さい頃から読書が好きで、今も変わらず、時間があれば本を読んでいます。また、美味しいものを食べるのも大好きで、ロータリークラブでの食事は毎回とても楽しみです!クラブのことは分からないことが多いですが、どうぞ宜しくお願いいたします。

by osakajotorc | 2018-06-19 11:50 | 卓話

2018年6月8日 会長 薦田 光

皆様、今日は。只今、親睦活動月間ですが、同じ興味や情熱を持つ世界中の仲間が集まり交流を深めている「ロータリー親睦活動グループ」の活動を御存知でしょうか。ロータリアン、ロータリアンの家族、ロータリーの学友会なら誰でも参加出来るこのグループは世界中に会員がいるロータリーならではの国際交流の場です。すでに76のグループがあり、日本でも囲碁・ヨット・アマチュア無線のグループの活動が活発です。特にヨットでは身近に大阪湾フリートの活動があり、お世話係も大阪南RCの山田和義会員(090-3283-4373)がなさっています。(ロータリーの友2016年6月の記事参照)楽しみ乍ら自己拡大にもつながりますね。ロータリーの友本年6月号の片山ガバナーの記事「ロータリー親睦活動月間に寄せて」を是非御覧下さい。
さて我国で6月の行事と云えば6月10日の時の記念日に因んで開催される東経135度の子午線上にある明石市の時のウィーク(今年のテーマ 人の個性が調和する個性のまちから未来の扉が開かれる!!)や、天智天皇をまつる大津市の近江神宮の漏刻祭はよく知られています。漏刻(水時計)に関しては日本書紀に天智天皇が皇太子の時に自ら製造し、新しき台に置いて始めて候時を打ち鐘鼓を動かし、始めて漏刻を用いたとあり、日本初の時計が鐘を打った日が6月10日である事からこの日が時の記念日に制定されました。ちなみに日本の暦で6月だけ国民の祝日はありません。時の記念日は勿論祝日ではありませんから休日扱いとはなりません。我ロータリークラブは時を大切にするクラブと躾けられました。遅刻しない(すればニコニコが待っている)。会議は定められた時間内に納める等々。でも例会終了したとたん雲の子を散らす様に姿が消えてしまうのは金曜日の午後はおやすみとしている私にとってはちょっと淋しいですね。

天智天皇御製  “秋の田の刈穂の庵の苫をあらみ  わが衣手は露にぬれつつ”
                                               小倉百人一首1番
芭蕉句碑     “から崎の松は花より朧にて”

御清聴ありがとうございました。

by osakajotorc | 2018-06-19 11:47 | 会長インフォメーション

2018年6月1日 ロータリー親睦活動月間卓話 出席・親睦活動委員会 細井 敦子委員長

「出席・親睦活動委員会を振り返って」

今年度の出席・親睦活動委員会を振り返ってみると、
・ 7月28日 第1回情報集会(夜間例会)
プールサイドパーティー
・11月24日 第2回情報集会(移動例会)
紅葉会
・12月15日 第3回情報集会(夜間例会)
クリスマス家族会
・1月19日 第4回情報集会 HOTELニューオオタニ大阪
・4月6日 第5回情報集会 お花見会 京都
今年度、活気溢れる活動ができましたのも会員、御家族、友達、知人の皆様方の御協力の陰だと心より厚く御礼申し上げます。お陰様で会員同士の親睦が一層深まり新たな友情、思いやりが生まれ、お互いに助け合う行動が目立ちました。手に手を取り合い大阪城東ロータリークラブらしい素晴らしい一年間になりました。また、昔は活動していましたが、今ではなかった情報集会、秋の紅葉会を増やしました。箕面の滝、続いて勝尾寺、そして、風の杜で懇親会を開催し、楽しい、愉しい時間を大阪城東ロータリークラブで共有する事が出来ました。お花見会では大阪城で開催出来なくなったのをきっかけに、京都まで足を運び奥山壮松山閣、都をどりと彩艶やかな空気に包まれた時間を過ごす事が出来ました。
今でも皆様方の嬉しい笑顔が脳裏によみがえり、笑い声が聞こえるようです。本当に出席・親睦活動委員会を支えてくださった皆様方、御支援頂ました事を改めて、心から感謝申し上げます。今後共に皆様方の益々の御活躍と御健勝を心から御祈念申し上げまして、委員長の挨拶とさせて頂きます。

by osakajotorc | 2018-06-14 12:33 | 卓話

2018年5月25日 卓話:古屋 優子会員

「海外進学を目指して」

海外大学に進むということは、優秀な成績を修めることはもちろん、様々な経験やチャレンジを繰り返して高い問題意識を育むことが重要。そして、アプリケーション時に求められる要素を一つずつ確実にクリアしていく努力が不可欠だといえる。
1.幼少期海外留学を念頭においた環境づくり
●海外に出すべきだと決めていた。
●幼少の頃から様々な経験を投げかけ続けた。英語、バレエ、ピアノ、中国語、水泳、キャンプなど野外活動、スキー、チェロ、海外旅行、公演や美術館の鑑賞等々。
●あらたな経験はどんどん投げかけ、嫌だと意思表示したらすぐにそれを解決する方法を一緒に考える、の繰り返し。環境づくりには中学1年で海外留学
2.海外進学に対する目標設定と具体的な準備
●海外大学への進学を考える場合、少なくとも中学校にあがるころには必要条件をピックアップして、その条件をクリアするためのロードマップを描く必要がある。英語力についてはいわずもがなであるし、そもそもの学力、成績、ボランティアなどの課外活動などの条件をクリアする準備に入る必要がある。
●日本の一般的な高校生の生活をしていては海外のトップ大学に進める可能性は無い。一例ではあるが、下記のような活動に取り組むことが必要。
⑴国際的に開催されている様々なジャンルの大会に参加し優勝を勝ち取る
⑵学校での活動、あるいは学校外の活動の中で、新たな組織を立上げたり、強いリーダーシップを発揮する活動にチャレンジする
⑶文化的、アスリート的な要素のある活動に継続的に取り組み、代表選手・公演会に出演・競技会で受賞等、成果をあげる
●学業においてはほぼ完璧を目指す。9年生
(中学3年生)以降の成績はトップ大学のアプリケーションにおいて、ほぼ満点のスコア(4段階に換算した際に3.8~4.0)をマークしておくことが重要。
さらに、センター試験のインターナショナル版ともいえるSATまたはACTテストのスコアにおいても、トップ大学を目指す場合は95%前後のスコアを獲得しておきたい。
 TOFLEにおいては、120点満点中110点程度を目安に準備しておく。
3.最終仕上は独自を表現するエッセイの創作
アメリカ、イギリス(UK)のトップ大学の合格率は概ね3~8%にとどまる大激戦という状況。学校側が重視するのは各校がテーマ設定したエッセイである。様々な経験はこのエッセイで必要不可欠な要素となる。誰もがこのエッセイの作成には多くの時間を費やし、苦しみながらも自分を強く印象付ける内容に至るまで惜しみない努力を続ける。
4.海外トップ大学を受験するというプロセスそのものが子供たちを成長させる。
結果的に、第一希望だったアメリカの大学に進むことはできなかったが、イギリスの大学には評価していただき、トップ大学から合格をもらい、希望の学部に首席で合格することができた。希望どおりとはいかなかったが、たとえこの結果が全滅だったとしても、この長い道のりを自分のモチベーションを低下させることなく目標に向かって進めたことこそが財産になったと実感している。この経験は、おそらく彼女の未来に大きな力になることは間違いないと確信している。
この場をお借りして、6月に東京ホテルニューオータニ内に宝石のオーダメイドサロンショップをオープンすることになりましたことをご報告申し上げます。大阪城東ロータリークラブに入会させていただけたご縁を心より感謝申し上げます。お祝いにはぜひ奥様へのプレゼントから承りたいと思います。(^^)/
宜しくお願い申し上げます。ありがとうございました。

by osakajotorc | 2018-06-14 12:31 | 卓話

2018年6月1日 会長 薦田 光

皆様、今日は。来さんようこそ。
どうぞごゆっくりお過し下さい。今日から水無月、平安時代には旧暦6月1日の「氷の節句」の日に、氷室から氷を切り出して食し暑気払いをする宮中の風習があったそうです。水無月と云うお菓子は、庶民は氷室の氷など食べられなかったので氷片を形どった三角形の地に小豆を乗せたもので悪魔払い、暑気払いをしたのが今に吉祥菓として伝わっています。
さて6月は今期最後の月で又、ロータリー親睦活動月間となっています。本年ロータリーの友2月号でイアンH.S.ライズリーRI会長の「ロータリーの原点を思い出す」の文中、「今日でも1905年当時と同様に、会員の多くがポール・ハリスの求めた親睦、人脈、くつろげる場所を求めてロータリーに参加しています。」とあります。
1年振り返って、会員相互に親睦を深められたでしょうか?人脈が作られたでしょうか?ロータリーの諸活動の場がくつろげる場となったでしょうか?今一度様々な場面を思い出して、来期につなげて下さればと存じます。
今日の〆は「ツ」で始まる観光対象です。九十九湾(石川県)<長崎県佐世保市の九十九島(くじゅうくしま)とお間違いなきように>、対馬(長崎県)、杖立温泉(熊本県)、蔦温泉(青森県)、通潤橋(熊本県)、妻籠宿(長野県)<よく似た嬬恋(つまごい)のまちと間違いませんように>、鶴岡八幡宮(神奈川県)、津和野殿町(島根県)、津軽凧(青森県)、津軽塗(青森県)、つみれ鍋(福岡県)、土湯こけし(福島県)、壷屋焼(沖縄県)、最後は我まち大阪の通天閣。遠い海外では古代エジプト第18代王朝第12代目のファラオ「ツタンカーメン」の黄金のマスクはエジプト考古学博物館を代表する展示物です。日本では1965年にツタンカーメン展が開催されました。以上の中でも私のお気に入りはやはり最近頓みに外国人にも有名になった中仙道の42番目の宿場妻籠の宿です。1976年国の重要伝統的建造物群保存地区の最初の選定地の一つに選ばれております。島崎藤村の初恋のうたが聞こえてきそうですね。
“まだあげ初めし前髪の、林檎のもとに見えしとき 前にさしたる花櫛の、花ある君と思ひけり やさしく白き手をのべて、林檎を我に与えしは 薄紅の秋の実に、人こひ初めしはじめなり わがこころなきためいきの、その髪の毛にかかるとき たのしき恋の盃を、君が情に酌みしかな 林檎畑の樹の下に、おのづからなる細道は 誰が踏みそめしかたみぞと、問ひたまふこそこいしけれ”
御清聴ありがとうございました。

by osakajotorc | 2018-06-14 12:29 | 会長インフォメーション

2018年5月25日 会長 薦田 光

皆様、今日は。今日は観光対象タ行の「チ」で始まる第17話です。「五月雨のふりのこしてや光堂」芭蕉の句であまりにも有名な国宝、金色堂のある中尊寺は岩手県平泉町にある天台宗東北大本山、山号を関山と称し、850年、円仁(慈覚大師)が建てた弘台寺院に始まると伝えられています。実質的には1105年藤原清衡が建立し、平泉文化の中心として栄えました。その後奥州の藤原氏の滅亡と火災により、金色堂と経蔵のみを残して多くの堂搭を、焼失しましたが後再建されました。中尊寺の拝観の後は藤原二代基衡の建立した毛越寺の庭園も是非鑑賞して下さい。私の年代の方は、ご存知と思いますが、90歳を越えて活躍中の瀬戸内寂聴さんを得度された今東光(ユーモアのある毒舌家)さんは中尊寺の貫主も務められました。兄頼朝に追われて弁慶と共に北陸まわりで奥州の三代秀衡を頼って落ち行く途中の安宅の関での守護富樫とのやりとり「勧進帳くだんの如し」の歌舞伎18番の名場面そして折角逃れた義経でしたが四代泰衡が頼朝を恐れて義経の居所高館に火を放って義経を自殺に追い込んでしまった。後にそれを口実に泰衡は、頼朝に滅ぼされてしまったと、ものの本で読みました。奥州藤原氏の栄華の儚さの発句、「夏草や兵どもが夢の跡」高館にて(旧暦5月13日)・・・芭蕉。中尊寺は一口に語ることは出来ません。その他、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている茶屋街京都の「祇園新橋」や金沢の「東山ひがし」が有名です。有山会員御紹介の過日の京都松山閣でのお茶屋遊びは楽しかったですね。京都栂尾の高山寺の「鳥獣戯画」や、京都嵐山の「竹林」奈良県生駒市の「茶筅の里」、それに遠く海外「地中海」クルーズなかんずくエーゲ海やタイの古寺の町「チェンマイ」など、とても魅力的で一度は行きたい憧れの観光地ですね。御清聴ありがとうございました。

by osakajotorc | 2018-06-14 12:28 | 会長インフォメーション