人気ブログランキング |

<   2018年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2018年3月23日 卓話担当:井土 賢一会員

「ロータリークラブ様と講談師の意外な関係」

玉田 玉秀斎

講談師の数は現在約80名。絶滅危惧種と言われている動物よりも少ない数です。日本の人口が1億2千万人ですので、講談師に出会える確率はわずか150万分の1。これは宝くじで1億円以上あたる確率と同じとか。そんな講談師になったきっかけは、高校時代にロータリー青少年交換留学生として行かせて頂いたスウェーデンで、スウェーデン人から受けた質問がきっかけです。その質問とは「日本人にとってなぜ富士山は大切なのか」そして「葛飾北斎はなぜユニークな絵を描けたのか」。この質問にうまく答えることができず、『日本人なのに、日本のことを何もしらない自分』に初めて気づきました。ところが、帰国後は大学に入り、日本のことを勉強する気もなくなった3回生の頃、ふと司法試験の勉強をはじました。司法試験はそんな気持ちで合格できるような試験でもなく、ついには大学を卒業。司法浪人をしているときに新聞の3行広告でみつけた『講談塾生募集』。『講談というのは見たことも聞いたこともないけど、日本の伝統芸能っぽいな』と何げに行ってみると、これがカッコいい語り口なんです。講談と出会って4ヶ月後、師匠から「講談師にならないか」とお誘いを受けました。「弁護士になるので」とお断りをすると「講談師も弁護士も最後に“し”が付いてるから一緒や」との言葉に妙に納得し、講談師になりました。そんな僕が講談師になって是非ともしたかったこと、それが外国語講談でした。その機会もまたロータリーの皆さんによって与えていただきました。ロータリーGSEプログラムでのブラジル派遣。ブラジルのパラナ州に5週間滞在し、各地の例会場でポルトガル語講談をさせて頂きました。これが講談600年の歴史の中で初のポルトガル語講談になりました。一昨年には四代目・玉田玉秀斎を襲名させて頂き、さらに精進させて頂いているところです。ロータリーの皆様への感謝の気持ちを抱きながら、今後も日々精進してまいります。ありがとうございました。

by osakajotorc | 2018-03-30 15:37 | 卓話

2018年3月23日 会長 薦田 光

皆様、今日は。井土会員御紹介の卓話ゲストとしておいで下さいました玉田 玉秀斎様ありがとうございます。後程すごく楽しみに拝聴させて頂きます。
只今は春のお彼岸、明日は彼岸明けとなります。「春分の日」は「自然をたたえ、生物をいつくしむ」日として、「秋分の日」は「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」日として、国民の祝日に定められています。お彼岸の食べ物と云えば「ぼたもち」<春>(牡丹餅)と「おはぎ」<秋>(お萩)、詳細はネットでどうぞ。暑さ寒さも彼岸までと云われている様に、桜の花もほころび始め、ホテルニューオータニの玄関の桜は満開。愈々春本番を迎えます。春の選抜高校野球も本日開幕、何となく浮々した気分ですね。
先週16日、当クラブ45周年記念事として、大阪市へ大阪城東ロータリークラブのソーラー街路灯“ロータリーの見守り当番”を無事寄贈させて頂きました。薫中学校吹奏楽部の御祝演奏が素晴しかったですが、何よりも部員の皆さんの躾の良さに二度吃驚しました。そして教育の大切さをつくづく感じた次第です。又、我クラブが大阪市へ寄贈したソーラー街路灯見守り当番の贈呈式の記事が大阪日々新聞にかなり大きく掲載されました。我クラブの地域社会への貢献と地区の本年度の方針の一つでもあるロータリーの公共イメージ向上にも寄与出来当クラブの存在価値を高められたことを皆様と共に喜び度いと思います。続いて17日は午前10時30分より中央区民ホールで地区第1回戦略計画委員長会議に中嶋ガバナー補佐兼委員長、大道副委員長と出席致しました。大阪クラブがホストのIM6組ロータリーデーが大阪国際会議場で開催されました。ロータリーデーでは1970年の大阪万博から55年ぶりの2025年開催の万博を大阪活性化の為に是非再び大阪で、その為には大阪は文化創造都市をめざすべきとのパネリストの方の熱い思いがひしひしと伝えられました。最後にフレッシュロータリアン研修交流会では若林紀男パストガバナーによる基調講演「貴方にとってロータリーは価値がありますか」で開始、参加者、テーブル8名、計12テーブル+2名の事前登録計98名、当クラブからはお世話係を含め24名参加されました。各テーブルで熱心に議論された様で、内容は実行委員会でまとめられ後日報告されます。ともすれば縦のつながりになりがちなロータリークラブが、横のつながりが出来る事で新しい人と人との出会いが幅広い交流につながり、より豊かなロータリー生活が愉しめる様になるのではないでしょうか。Rotary :Making a Difference<ロータリー変化をもたらす>のテーマにも合致する有意義な交流会であったと思います。御参加の皆様有難う御座居ました。尚ロータリーの友3月号、横書26頁 第2790地区(千葉)柏RC寺嶋哲生ガバナーの記事「かけがえのない多くの出会い」ロータリーの本質は、人であると思っております。から始まる記事を未だお読みでない方は是非お目通し下さい。若林パストガバナーの問いかけ「あなたにとってロータリーは価値がありますか」のお答えの一つが見つかると思います。以上をもってインフォメーションとさせて頂きます。

by osakajotorc | 2018-03-30 15:33 | 会長インフォメーション

2018年3月16日 卓話担当:伊坂 泰治会員

                      「ロータリアンになって良かった」

大川 進一郎 様(大東ロータリークラブ)


私は大東RCに昭和46年5月16日に入会したロ-タリ-歴47年の大川 進一郎と申します。
今年84歳ですからゴルフでいうエイジシュ-タ-です。私ほどロ-タリ-を利用させてもらっている人はいないだろうと思っていたら、いやいやありました。ポ-ル・ハリスさんです。1業種1名と限定し、誰にでも定価格で販売するというので、ワッとシカゴRCに人が集まり、ポール・ハリスは100名の顧客を持ったのです。今の金で1社月5万円の顧問契約。100社で年収6千万円。これだけ入れば寄付もするでしょう。私は14年前に第三組のガバナ-補佐になった時に、11クラブを回りましたが、「ロータリ-は商売をしてはいけません」「寄付団体です。」との声ばかり。そんなことを言っていたら会員は増えません。他人を助けるより自分を助けてくれと辞めていきます。ロータリ-の初期は「異業種交流会」「売りたし、買いたし」の発表の場だから、瞬く間に世界中に広がったのです。大東RCに入会して最初の仕事は「大東ロ-タリ-ソング」の作曲です。当時の歌を覚えるまで毎週歌っていました。会員の大阪産業大学の理事さんが「良い歌や、うちの高校の校歌も作ってもらえないか」と言われ、大阪桐蔭高校、続いて大阪産大付属高校と二校の校歌を作曲させて頂きました。大阪桐蔭高校は14試合に出場して8本ホ-ムランを打った日ハムの中田翔君、西武のオカワリ中村君、浅村君、森君、阪神の藤浪、岩田両投手、古くは中日の今中投手、元大リ-ガ-の西岡外野手等数々のプロ野球選手を輩出しています。平成3年の夏の甲子園初優勝、平成20年の夏、24年は春・夏連続優勝、26年の夏、昨年の春と6回の優勝をしています。大阪産業大学付属高校も一度選抜に出場。つまり2曲作って二校100%甲子園に出場しました。私には子供が3人いますので、青少年交換留学生を3度受け入れました。長男は英語に興味を持ち国立を受験しましたが私同様滑りました。「浪人は認めん」「そんならどないする」「国外追放や」お蔭でアメリカ・コロラド州都にあるデンバ-大学ホテル・レストラン経営学科を4年間で卒業し、即このホテル日航大阪に五年間お世話になった後、中小企業診断士の試験を受けるために東京銀座1丁目にあったホテル西洋に五年間。診断士の試験に合格しましたので、当社に呼び戻しました。当SC開業にあたってはリッツカールトンの隣のハ-ビス・エントにあるパイプオルガンと同じ型の中古品をアメリカの友人を訪ねて非常に安く買い付けたり、金融機関からSC建設資金貸付に当たり、赤字要素を整理せよと言われフランスのお城を売却しましたが、単身現地に行き通訳も弁護士も付けずに全て写真に収め相手と交渉して、円安の時だったので上手くやってくれました。地区のロ-タリ-奨学金委員長を務めている時に、京大卒で、アメリカでグランドデザインの勉強をしたいと自分の作品を持ってきた女性がいました。「これだけ描けたら留学せんでも良いのでは」と皮肉を言った程印象に残っていました。1年後にご主人も合格されて夫婦で何年か居られました。帰国のハガキを頂いたとき、丁度拙宅の庭が道路拡張の為に全面改造することになったので、彼女に庭の設計を依頼しましたが、今はグランドデザインはやっていないと、紹介してくれたのが牧岡一生で、外国の日本庭園を設計したり奈良東大寺手前の名庭園「依水園」を管理したりされている先生に、名園に造り替えて頂きました。ボウリング場経営でお金に困っている時に、イエス団という宗教団体に金を借りていましたが、大阪北ロ-タリアンの監査役が「ボウリング場のような民間の危うい会社に貸し付けるとはもってのほか」と抗議に来られたその弁護士がパストガバナ-の菅生先生でした。それがきっかけで当社の顧問弁護士になってもらっていました。 又、ボウリング場地下の駐車場を食料市場に改造した時のことです。市に問い合わせした時の法律が変わっていて、申請書を出したら「大川さん法律違反です」と言われました。既に保証金の1億6千万円内装の改造費に使ってしまっています。契約違反なら倍返ししなければなりません。私の最大のピンチに恐る恐る菅生先生に相談すると先生は胸をポンと叩いて「まかしとけ、あの小売商業特別措置法は自分が作った法律だ。潰すのはわけない」と私の首が繋がったのです。
ロ-タリ-国際大会が大阪であった時、地区のロ-タリ-ソングを制定しようとなって私は早速応募しました。ロ-タリアン10名の審査員で協議の結果、私の歌「町に灯りを」が9対1で当選しました。委員長のクラブに音大の教授がおられたからか、委員長が歌詞で準優勝の「われらがロータリ-」も審査の対象となり、この曲も9対1で選ばれました。又、RI会長を迎えての晩餐会にクラシックアンサンブルとジャズバンド「ザ・ベリ-グッドマンズ楽団」を結成し、この楽団はいろいろなロータリクラブで演奏しました。長らく活動を休止しておりましたが、今年再結成することとなりました。ロータリ-に入って最大の効果は昭和46年以来39年間待ち望んでいた百貨店が当社SCに入店し平成22年10月5日にオ-プンしました。同期のガバナ-補佐だった故小倉氏が元京阪電鉄の副社長さんだった関係で京阪百貨店の出店を依頼しました。早速、守口ロータリアンの牧野京阪百貨店社長を紹介して頂き、京阪沿線以外では初めての京阪百貨店が我が大東市に出店して頂く事になりました。また、建設の際には東大阪RCの樽本社長の三河電機さんに電気工事全般をお願いしました。不況だからロ-タリアンになる人がいないではなく、不況だからこそ異業種交流、つまり職業奉仕を盛んにしてロータリアンが景気の回復の担い手になるべきです。皆さん、大いに儲けて大いに奉仕をしましょう。ご静聴ありがとうございました。

by osakajotorc | 2018-03-29 11:20 | 卓話

2018年3月9日 卓話担当:社会奉仕委員会 川中 義裕委員長

「大阪府下と城東署管内の最近の交通情勢について」

大阪府城東警察署 交通総務係 警部補 鷹西 克典様

こちらの城東警察署管内では今年の2月3日に死亡事故が発生するまで、2年10ヵ月間死亡事故がありませんでした。皆さんに気を付けていただく為、交通事故のパターンをいくつかお伝えいたします。
一つは信号の無い交差点で自転車や原付はスピードを緩めずに走ってくるので、一時停止をした後も少し出ては止まり、を二回ほど繰り返して進んでいただきたい。
二つ目は乗用車で右折の際、前方から二輪車が走ってくる場合ですが、まだ距離があり右折できそうな場合でも二輪車が急ブレーキをかけて転倒し重大な事故になるケースがあるので、直進の二輪車はやり過ごしてから右折をお願いします。
三つ目は渋滞または停車中の車の間から人や自転車が飛び出してくることを注意して下さい。城東警察署管内及び大阪府下で交通事故が減少するよう皆様のご協力よろしくお願いいたします。本日はありがとうございました。

by osakajotorc | 2018-03-29 11:16 | 卓話

2018年3月16日 会長 薦田 光

皆様、今日は。本日は伊坂会員の御紹介で大東RCからお出で下さいましたゲストの大川進一郎様、後程卓話拝聴させて頂きます。又大阪南RCからお越しの小松範行様どうぞごゆっくりお過し下さいませ。
本日は当クラブ創立45周年記念事業として、作成した「城東ロータリーのソーラー街路灯見守り当番」の贈呈式を開催致します。御参列の程よろしくお願い致します。
さて、本日は、当地区片山勉ガバナーと藤田弘道ロータリーの友地区代表委員の「ロータリーの友」誌2018年3月号推奨記事「縦組記事P9~12.クラブを訪ねて<網走ロータリークラブ>」の中で、RIのポリオ撲滅プロジェクトのきっかけをつくったのが東京麹町RCのメンバーだった山田彝さん、峰英二さんのお二人だった事が成瀬則之第2500地区ガバナーのお話として掲載されており、大変感銘を受けました。RIの奉仕プロジェクトの一大柱とも云うべきポリオ撲滅、それも世界中のロータリアンが力を併せた結果、もう後僅かで終焉を迎えます。そのきっかけが二人の日本のロータリアンだった事を恥し乍ら私は知らなかったのです。記事『二人は、1982年、南インドで、はしか予防のボランティア活動に参加、そのとき、ポリオで苦しむ子どもたちの悲惨な実態にふれ、帰国してから、東京麹町RCの15周年記念事業として、ポリオワクチンをインドの子どもたちに与える事を提案、それを実現させた。山田、峰の二人は再びインドに赴き、1ヶ月にわたり不眠不休で活動した。その報告書がRIを動かし、1986年から91年にかけてのポリオ撲滅のための大募金活動となったのだ。山田さんは、東京麹町RCが20周年を迎えたときに会長の座に就いたが、急死した。医師の峰さんも後を追うようにして世を去った。…インドの風土病がもとで…』。私はふと、日本が生んだ偉大な野口英世博士が黄熱病の研究中その黄熱病で亡くなられた事と重なり、仕事には命がかかっているんだと改めて心に深く噛みしめた次第です。ちなみに網走RCの現会長は女性で後藤田生子氏、初代女性会長82才、女性会員は当クラブと同じ6名。夫君は政界で活躍された後藤田正晴さんの御親戚とかで、網走御三家のお嬢さん、社会福祉協議会会長、その他もろもろの社会・福祉活動をされています。後藤田さんと同じ四国出身の私、しかし名門ではない、シングル、私の母の名は“たか”なので生子(たかこ)さんと共有、私社会福祉を目指したが、未だ道半ば等々生子氏の足下にも及びません。ただ勝っているのは、年は1つ上の83才。元気を出して生子会長に負けずに頑張ります。皆様あっつい・しゃっこい応援よろしくお願い致します。御清聴有難度うございました。

by osakajotorc | 2018-03-29 11:14 | 会長インフォメーション

2018年3月9日 会長 薦田 光

皆様、今日は。大阪府城東警察署 警部補 鷹西克典様ようこそお越し下さいました。後程卓話拝聴させていただきます。よろしくお願い致します。又、嬉しいニュース、入会予定の川東三江子様ようこそいらっしゃいました。当クラブ会員あげて大歓迎致します。
来る3月11日は東北大震災の日です。7年前、当クラブも大槌村の学校へ学用品をお届けに御見舞を兼ねて参りました。未だ傷跡は消えていませんが、幼かった子達が明るく成長している姿をニュースで見て、少しほっと致しました。今日は観光対象第12話サ行の「シ」で始まるお話です。誰でも知っていて、一度は行ってみたい旅お四国さん、「四国遍路」は弘法大師の聖跡とされる「四国八十八所遍路」めぐりのことを云います。古くは「古昔物語」(1120年以後の成立)に「四国辺地」とあり、また四国辺路とも書き、弘法大師が修行した遺跡をめぐる事がはじまったのは16世紀ごろと考えられ、江戸時代以後に隆盛すると教えられました。「四国遍路同行二人」と書いた装束を身につけ、道中では施しを受け乍ら聖跡めぐりをするお遍路さんに施しや無償で宿を提供する奉仕は善根(功徳)とされ、駅路寺(寺院での宿泊)や遍路宿(木賃宿)・善根宿(施行宿)が多く存在したとのことで、こうした旅行者(お遍路さん)を援助する精神は、現代でも存在し、「お大師さんへの接待」をする風習は、ミニ四国の展開に伴って各地でも実施されております。ちなみに超ミニ八十八ヶ所巡りは愛媛県道後の石手寺や信貴山の玉蔵院へゆけば出来ます。
でもやはり阿波発心の道場23ヶ寺の1番寺霊山寺から歩き始めて順番に土佐修行の道場16ヶ寺、伊予菩提の道場26ヶ寺、讃岐涅槃の道場23ヶ寺の最後88番大窪寺をお参りして、大とり高野山奥の院までの約1400km余を一日一日苦楽をかみしめ乍ら自分の願いを胸に一心に歩いて「結願」します。四国の人々のお接待等で知らない人との出会いや普段は感じていない人と人との繋りの大切さ、人の温かさを感じ、雄大な自然を感じ、風を感じ、気持のいゝ汗を流し、人間本来の生きている実感を味わえる、これこそ旅の原点と云いますか本質があると思います。今では観光バスやタクシーなどで巡るお手軽88ヶ所巡りが流行している様ですが、これはこれで観光(非日常的空間で遊び、学ぶ、楽しみを目的とする)と云う立場からすればそれなりの意義がありましょう。でも私はやはり歩き遍路に憧れます。その他「し」で始まる自然休暇村・自然歩道・七福神(恵比須天・大黒天・毘沙門天・弁天・福禄寿・寿老人・布袋尊)めぐり・宿場町(東海道五十三次・中山道六十七次)・商家町(岐阜県高山市三町・岡山県倉敷市倉敷河畔・徳島県脇町南町<うだつのまち>)・城下町・人力車などがあげられますが、時間が来ましたので終ります。御清聴有難度うございました。

by osakajotorc | 2018-03-29 11:12 | 会長インフォメーション

2018年3月2日 卓話 細井 敦子会員

「二度、与えられた生命」

1961年2月23日、この世に女性として命を受けました。すくすく育つはずだったのですが、幼稚園入園前に大病をして、生死をさまよい入院していました。お医者様からは数ヶ月の余命だと両親に告知をしました。同じ短い命なら最後のお正月は自宅で迎えさせてあげたい!!と、退院させ自宅療養に変えました。そのまま一週間、10日、1ヶ月、1年と時が過ぎ去り、健康な身体に戻りました。とても不思議な事です!!神様が二度も命を与えてくださったと私は思っております。また生きるという事の尊さを教えて頂きました。亡曾祖母、祖父母、現在もパワフルな両親には深い感謝の気持ちで一杯です!!本当にありがとう!!元気に成長した私は高校時代に学校側の許可を得て、ファッションモデルをしていました。宝塚に憧れ、観劇中に亡平尾昌晃先生に歌手にスカウトされたり、車専用雑誌に出てほしいというお誘いを頂きましたが、家族の反対でやめました。私自身も望んでいなかったと思います。その後、大学(当時短期大学)に進むにあたり栄養士、保育士、中学校の教師(私学)の資格を取れるという太鼓判を担任の先生からいただいておりましたが、私の人生の目的ではなかったので強引に押し切り、食物科コースに進みました。楽しい学生生活ではありましたが、やはりテストがあります。追試を一度も受ける事なく卒業を致しましたが、キライな先生の科目は特に勉学に励み上位2という成績を頂戴しました。卒業後の自分自身の人生ついては後編に…。

by osakajotorc | 2018-03-13 11:11 | 卓話

2018年3月2日 会長 薦田 光

皆様、今日は。大阪南ロータリークラブからビジターとしてご出席の米田幹郎様、ようこそいらっしゃいました。ごゆっくり御歓談下さいませ。来君ようこそ、テーブルの皆様、来君をよろしくお願い致します。
只今、大阪船場では国登録有形文化財のビルや建築物の中に昔の由緒あるお内裏様や五人囃子に笛太鼓のひな人形が飾られて、明日3月3日の雛祭り(桃の節句)を祝って、街も賑わっています。桃は邪気を払う縁起がよいとされ、鬼退治の桃太郎のルーツもここにあると云われています。
さて、3月は水と衛生月間です。水に関しては昨年7月のインフォメーションで触れました様に動植物の70~90%を占め生存上欠くことが出来ません。日本では当り前の様に使っている水も世界に目を転じると、汚染された水によって死亡する子供が1日に約1400人、年間50万人を越えています。2017年ロータリーの友3月号では千葉県の勝浦のロータリークラブがグローバル補助金を利用して、スリランカの子供達に清潔な飲料水を提供する浄水設備を提供した記事、同じく千葉県松戸西ロータリークラブの“モンゴル・ゲル地区の子供たちにきれいな水を!”の記事では、保育施設に井戸を掘り施設の子供達と近隣住民が利用出来る様な水源を創って寄贈したとの事です。又、国内では福島県の猪苗代ロータリークラブの“猪苗代湖をきれいに”との記事では2002-2005年、環境省から水質日本一と評価されていたのが、2006年以降目安となる大腸菌群数が基準値を上回り、環境省の水質ランク外となった事で、湖周辺クラブで「あぶくま清流協議会」を組織し阿武隈川の浄化活動を行って成果を得ましたと書かれています。河川浄化後の課題は、河川が流れ込む猪苗代湖の浄化と目されるようになり、2010年に「ロータリー猪苗代湖水環境協議会」を組織して、湖の浄化活動を続け湖水浴の出来る貴重な砂浜と水の環境をさらにきれいにするための活動に協力してゆきたいと結ばれています。この様に日本各地のロータリークラブが、世界や日本で6重点分野の基本方針の一つ「水と衛生」の4項目に、真摯に取り組んで着実に成果をあげられている事に心からの敬意と同じロータリアンである事の誇りを感じた次第です。本日、皆様の御手許に届けられた地区からの御案内「大和川・石川クリーン作戦」は明後日3月4日の日曜日に実施されます。大和川の起点は河川法に基いて幹川の奈良県桜井市大字小夫地先の県道にかかる笛吹橋で終点は大阪市の南港大阪湾に注ぐ河口です。川の距離(幹川)68キロメートル。177本の支流から成り立っていると云われています。大和川の認識としては ①古代、飛鳥、万葉の昔からこの国の歴史の夜明けを眺め、映してきた川。②約300年前、本流の後半部の水路が大きく付け替えられた珍しい人口の川。③水質汚染が全国ワースト一、二位を長年にわたり譲らぬダーティな川。③のイメージを返上すべく、大和川とそこへ合流する石川の浄化活動が始められました。明後日お時間の許される方は大阪城東ロータリークラブの広報・公共イメージ向上委員会の為にも是非御参加下さいます様お願い申し上げます。御清聴有難度うございました。

by osakajotorc | 2018-03-13 11:10 | 会長インフォメーション

2018年2月23日 会長 薦田 光

皆様、今日は。平昌オリンピックに感動したり、勝ったぁ、やったぁ、と夜はテレビの前で泣いたり笑ったりの毎日で大変疲れました。先週は沙羅ちゃんといずみコーチの何ともほのぼのツーショットを御紹介しましたが、本日は又産経2月18日付の羽生結弦・宇野昌磨フィギュアスケート男子で金・銀ワンツーフィニッシュで喜びを分かち合う兄が弟を慈くしんでいる仲良し兄弟の様なツーショット、(読売)2月19日付の31才で五輪新記録で悲願の金メダルに輝いた小平奈緒さんとライバル李相花さんとの国境を越えた何とも切ない友情のツーショットをご覧下さい。そして、奈緒選手の直後の言葉に心打たれました。①遠回りの人生を送っている。(31才で金、まだまだやれる!!)②求道者・情熱・真摯…小平さんの3つの言葉 ②はふと武者修行に励む宮本武蔵が頭に浮かびました。まるでサムライ奈緒ですね。 
さて今日は2月23日。ロータリーの創立記念日です。
1905年の本日、青年弁護士ポール・ハリスとその友人達、鉱山技師ガスターバス・ローア、石炭商シルベスター・シール、洋服商ハイラム・ショーレーによってシカゴロータリークラブの第1例会が開催されました。ロータリークラブの誕生です。この記念すべき例会に当クラブの例会の日が重なるのは113年前の4名から“大阪城東ロータリークラブよ、創立45周年おめでとう、しっかり頑張れ!!”とエールが送られている様に思えます。イアンH.S.ライズリーRI会長のロータリーの友2月号に寄せられたメッセージ“ロータリーの原点を思い出す”を今一度お目通し下さい。例会こそが私達ロータリアンが1905年当時と同様に親睦、人脈、くつろげる場なのだと思います。113年の間に白人男性だけが入会出来た団体から現在の様にロータリーも大きく変化しました。そして今も変化しながら深化しつづけています。RI会長のしめくくりの言葉『ロータリーの未来に何が待ち受けているのか、誰も知りません。私たち一人一人に残されているのは、変化をもたらすロータリーを通して奉仕と親睦の結び付きを築き、強くすることで、ポール・ハリスとその友人たちが築き上げた強固な土台をもとに、さらなる発展を遂げさせていくことです。』に鑑みてロータリー創立記念日の今日、平和の祭典平昌オリンピックの今日、ロータリーの最終目的は世界の平和を推進することに思を致し終ります。御清聴有難度うございました。

by osakajotorc | 2018-03-08 13:14 | 会長インフォメーション

2018年2月16日 イニシエーションスピーチ 中島 勝規会員

大阪城東ロータリークラブの皆様,初めまして。この度入会させて頂いた中嶋勝規(なかじままさき)と申します。中嶋進治先生のご紹介で入会させて頂くことになりました。滋賀県立彦根東高校,神戸大学を卒業し,現在大阪弁護士会に登録しております。家族は妻と長女,次女の四人家族で,年に一度は家族で趣味のスキーに行っています。下手の横好きですがゴルフも致します。業務としては民商事一般を取り扱いますが,現在,大阪弁護士会の民暴委員会の委員長を務めており,反社会的勢力等の不当要求者への対応を得意分野としています。また,企業の事業再生にも長年に渡り取り組んでおります。見かけによらずシャイなところがありますので,気軽にお声がけを頂けると有り難いです。今後ともよろしくお願い申し上げます。

by osakajotorc | 2018-03-02 11:48 | 卓話