人気ブログランキング |

<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2014年2月7日 会長 福山信也

2月はロータリーの暦の上で「世界理解月間」として指定されています。この月には1905年2月23日に開催された第一回ロータリー例会の創立記念日で、現在は「世界理解と平和の日」と呼ばれており、特に、2月23日に始まる1週間を「世界理解と平和週間」と呼んでいます。その世界平和のための活動の一環として、2002年に「平和および紛争の解決の分野における国際問題研究のためのロータリー平和フェロー」が誕生し、ロータリー平和センターで修士号を取得するための就学が開始されました。ロータリー平和フェローシップは、世界の提携大学に置かれたロータリー平和センターにおいて平和と紛争解決の分野での研究を支援する奨学金です。このプログラムの奨学生はロータリー平和フェローと呼ばれ、毎年約110人が、修士号取得または3か月の専門能力開発修了証プログラムに参加します。ロータリー平和センターの目的には、「健康状態の改善、教育への支援、及び貧困の救済」というロータリー財団の使命達成を助長しますと書かれています。ロータリー平和センターは6つの提携大学に置かれ、様々なプログラムで教育を実施しています。フェローの申請資格は、関連分野での専門職務の経験、学士号またはそれに相当する学位、英語に堪能で2か国語以上を話せること、優れたリーダーシップなど、高いハードルが必須になっています。選考は世界から60名を選ぶそうで、大変に難しい奨学金になっています。財源はロータリー財団からのグローバル補助金で、補助対象は、授業料、登録費、部屋代と食費、往復の交通費、実地研修の経費など、大変に手厚いものとなっています。我々の2660地区の募集要項をみても、年間30,000ドル以上となっています。我々ロータリアンは、ロータリー平和フェローに大きな投資を行っています。従って、平和フェローには、キャリアに対する固い決意と同時に、ロータリーへの継続的関与が求められています。フェローの進路は多岐に渡り、草の根で活動する地元のNGO,各国政府、軍事、警察をはじめ、国連、世界銀行、国際移住機関、米州機構といった、二か国間組織や国際組織でも活躍しています。2012年現在で、ここで学んだ日本人は25名、2660地区では茨城東RCの支援を受けた寺西悦子さんが、2008年にクイーンズランド大学のロータリー平和センターを卒業され、現在(2013年)、国際移住機関に勤務され、難民の人身売買問題を軽減する任務にあたっておられます。平和構築に専念する500名を超える学友たちの世界的ネットワークがあり発展の一途をたどっており、ロータリー平和センター・プログラムの卒業生はこのネットワークのサポートを受け、活動を充実させているそうです。この制度は、世界理解と平和を求めるロータリーにとって、平和の実現にむけた実効性の高いプログラムであると感じました。

by osakajotorc | 2014-02-17 15:58 | 会長インフォメーション

2013年12月13日 出席・親睦活動委員会

「クリスマス家族会」 出席・親睦活動委員会 高橋俊光 
e0172955_13484194.jpg
e0172955_13492027.jpg
e0172955_13494492.jpg
e0172955_1350131.jpg
e0172955_13503486.jpg
e0172955_13505428.jpg


昨年12月13日(金)に行いましたクリスマス家族会に多数の会員様、ご家族様に
ご参加して頂いたことに感謝申し上げます。
また本年度会長方針である「絆を深め、奉仕の輪を広げよう」ですが、今回のクリスマス家族会が会員同士また家族の絆が深めあえた会であれば幸いでございます。
行き届かぬ点もあろうかと思いますが、皆様のご協力有難う御座いました。

by osakajotorc | 2014-02-04 13:51 | ニュース

2014年1月31日 会長 福山信也

今週は、追悼記念週間です。毎年1月27日(ボール・ハリスの命日)を含む日曜から土曜までの1週間を、物故ロータリアンの冥福を祈り、生前の貢献を記念することになっています。
城東ロータリー倶楽部は、1973年4月27日の創立から41年、多くの先輩がたの活躍によって今日が有ります。物故会員を振り返りますと、私の入会後では、碇先生、片山さん、山田さん、小松弘人さん、下地先生、谷岡さん、古川さん、桂さんが居られます。皆さん、個性豊かな立派な方々でした。追悼記念週間に辺り、ご冥福を祈り、感謝し、記念することに努めたいと思います。
ロータリーの創始者ポールハリスは、1868年4月19日、父ジョージ、母コーネリアの第二子として、ウィスコンシン州ラシーンで誕生され、67年前の1947年1月27日月曜日に、シカゴ市モーガン・パークのロングウッド通り、カムリ―バンクの自宅で安らかに逝去されました。享年78歳でした。本日のインフォメーションのために、ポールハリスに関する資料を探してみると、設立の動機を語られている動画がありましたので、そこでの言葉を紹介いたします。
(ポール ハリス ライブ 1942)
私が最初にシカゴに来たとき、町の真ん中に住み、友達は一人もいませんでした。私がロータリー運動のアイデアを思い付いたのは1900年のある晩、シカゴの郊外に住む弁護士の友達に夕食に招かれて食後二人で郊外の町を散歩した時のことです。売店や店舗を回ったのですが私が驚いたのは、その友達の弁護士は各商店の持ち主と親しい間柄にあったことです。私がシカゴに移住したのはその4年ぐらい前で、法律事務所の顧客は商売上の友達ではあっても、社交上の友達ではありませんでした。このシカゴの郊外を訪れたことがきっかけとなって商売上の友達の何人かを社交的にも親しい友達にすることはできないものだろうかと考えはじめ、事務や専門職に携わる人たちで社交的なグループを作りお互いに助け合うクラブを作ることを決意したのです。と語られています。ここでの親しい友だちを作りたいという動機が深められ、事業や専門職務の代表を友愛と親睦のために結びつける組織として、1905年2月23日のシカゴロータリーに創設に繋がっていきます。改めて、ポールハリス氏の功績を称え、ご冥福をお祈りして、インフォメーションを終わらせていただきます。ありがとうございました。

by osakajotorc | 2014-02-04 12:25 | 会長インフォメーション

2014年1月24日 会長 福山信也

国際ロータリーおよびロータリー財団の2012-13年度年次報告が出ましたので、紹介をさせていただきます。
2012-13年は、成果と躍進の一年と位置付けられました。
会員統計によると、全世界で会員数は1,208,660人、34,644クラブとなっています。1クラブの会員数は34.9人なります、一昨年度と比べると、会員数は1,227,189人で18,529人の減少に対して、クラブ数は34,533クラブで111クラブの増加になっています。平均会員数は35.5人になります。
会員数は減少しておりますが、財務状況は良くなっています。年次基金への寄付は1億1,510万ドルを超え、一昨年度の1億1,410万ドルを100万ドル上回りました。この基金が3年間投資運用されたのちに、財団の支出に回されます。恒久基金はもっと伸び率が大きく、2,040万ドルを超えており、一昨年度の1,390万ドルを大きく上回っています。投資収益も改善され、一昨年度のマイナス2,100万ドルから6,700万ドルのプラスに転じています。
奉仕活動では、ポリオ撲滅は、ゲイツ財団が、ロータリーの寄付金額に対して2倍の額を上乗せすることで活動資金が増え、2018年度を目標にあと少しのところに来ています。グローバル補助金は、705のプロジェクトに4,040万ドルが支出され、奉仕活動が行われました。グローバル補助金を活用した活動報告の中の、疾病予防と治療の分野の活動報告には、「家族の保健とエイズ予防のためのロータリアン行動グループ」の活動報告がありました。報告によりますと、米国のロータリアン、マリオン・バンチさんが10年前にエイズで亡くした息子さんのために何かをしたいと考え、2004年にグループを結成されたそうです。バンチさんは、営業戦略の専門家で、自らの職業を活かしコカコーラ社や米国政府などとの強力なパートナーを確保して、HIV検査やカウンセリングだけでなくポリオとはしかの予防接種、マラリアと結核の検査、糖尿病、高血圧、子宮頸がん検診など、幅広い保険サービスを行っておられるそうです。職業奉仕と未来の夢計画が合体した、素晴らしい活動だと思います。
年次報告書がこの時期に出るのも、ロータリー理解月間の活動の一環なのかとも思います。2012-13年度年次報告書のアドレスは以下の通りです。
https://www.rotary.org/ja/financials
ロータリーの理解推進に役立てていただければと思います。よろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

by osakajotorc | 2014-02-04 12:22 | 会長インフォメーション

2014年1月31日 中村容子会員

「感動、感激の今日この頃」   

第22回となる国際平和美術展を2014年8月に京都で、10月にフランスパリ、ユネスコ本部展覧会場で催す事になりました。(パリ市と京都市は姉妹都市です。)世界的に影響力、権威があるユネスコ本部で「平和」というテーマを元に開催されるこの国際平和美術展は創立以来の夢でありました。ただその敷居の高さと困難な条件から許可が下りるまでに6年の月日がかかりましたが、ようやく念願が叶った次第です。と熱く話され、感動!!致しまして、この様な場所で出店できる感激に!!迷っていたのがこれからは「大きな夢を描いて前進しよう」と感動に変わりました。
ユネスコとは・・国際連合教育科学文化機関といって本部はパリにあります。1946年人類が二度と戦争の惨禍を繰り返さない様にとの願いを込めて、各国政府が加盟する国際連合の専門機関として創立されました。最近、記憶に新しいところでは、日本の富士山が世界遺産に登録されましたが、その決定機関であるのがこのユネスコです。国際平和美術展とは・・国籍や宗教、宗派、政治を問わず「平和を愛する心」、「芸術を愛する心」をより多くの人々にアピールする事を目的として1993年に日本の芸術家200名の賛同を得て始まった展覧会です。当初は、広島市や長崎市の被爆経験者や実際に戦地へ赴いたアーティストが多数在籍し平和への溢れる想いを多くの方々と共有したいという願いから「8.15国際平和美術展」を名称として発足。終戦記念日に合わせた毎年8月に国内展を、その晩秋には海外店を開催されてきました。平和を愛する日本全国のアーティスト約200名の作品展示会場「ミロ・ホール」ではミロの傑作と空間を共にして作品が展示されます。巨匠との夢のコラボレーションに期待。記念図録「日本芸術の創跡」は電子書籍化もされ、Amazonや楽天等のインターネット上のサイトからでも購入可能となりパソコンやスマートフォンでも閲覧される事で可能性が拡がりました。今年スイスは日本と国交樹立150周年を迎えます。その記念すべき年に今回掲載される方々は、厳しい審査を通った掲載者の方々は、実際にスイスチューリッヒのアートフェアで無料出展させて頂けます!今回だけの特典です。現在アートフェアはヨーロッパのスイスが一番盛んだそうです。夢のまた夢の世界です。「老年よ大志を抱け」。最後に日々の目標や夢、ビジョンを持つ事は健康を保つ秘訣だと思います。ご清聴ありがとうございました。

by osakajotorc | 2014-02-04 12:20 | 卓話