人気ブログランキング |

カテゴリ:会長インフォメーション( 299 )

2020年2月14日 会長 佐々木 多喜子

皆様、こんにちは。さて今日は2月14日バレンタインデーで女性が好きな男性にチョコレートを贈ります。日本では企業が商業目的で普及させたのが始まりです。そもそもバレンタインデーとはキリスト教徒のバレンタイン司祭の名前が由来です。3世紀頃のローマでは皇帝クラウディウスは若者が戦争へ行かないのは愛する恋人や家族がいる為だと結婚を禁じました。それを哀れに思ったバレンタイン司祭が秘密裏に愛し合う男女を結婚させましたが、いつしか皇帝の知るところになり2月14日、処刑されてしまいました。その後バレンタイン司祭は愛の使者と祀られ、処刑された2月14日、その日がバレンタインデーになったと言われています。世界の多くの国では男性が女性に贈り物をしますが日本では女性から想い人だけではなく友人、知人にチョコレートを贈ります。最近では自分へのご褒美チョコもあるらしいです。いずれにしても日本人は宗教に関係なくお祭りが大好きです。今ではクリスマスやハロウィンなどもすっかり定着しています。世界では宗教が原因で紛争が起こることもある中、日本では初詣やお彼岸のお墓参りなど神仏、異教矛盾なく大多数が受け入れています。それは【和をもって貴しとなす】という聖徳太子の十七条憲法の人々がお互いに仲良く調和していくことが大切だという教えがあります。又、聖徳太子は異教も受け入れるという寛容の決定も下されています。私たちが異文化を素直に感じることができるのは心の内側に聖徳太子の教えが脈々と流れているからではないかなと平和なチョコレート売り場でふと思いました。

by osakajotorc | 2020-02-25 14:02 | 会長インフォメーション

2020年2月7日 会長 佐々木 多喜子

皆様、こんにちは。「光陰矢の如し」とよく言ったもので早くも令和2年2月になりました。先週は府議会、読売テレビ新社屋を職業奉仕における職場見学会に参加して参りました。府議会は内外友のアンティークで古めかしさがなお一層深みが増し、これが大阪府議会決議機関と思うと、とても感慨深かったです。また議長室はロータリアン全員が入室してもゆったりとして広く、お部屋の窓からは大阪城が一望できる緑の見える美しい景観でした。続いて読売テレビは17階までありますが、そこは普段見ることのないテレビの向こう側におもちゃ箱をひっくり返したような色とりどりの部屋がありました。それぞれの部屋ではミヤネ屋収録中、そこまで言って委員会録画中、ニューステンリハーサル中、とんとんと音のする部屋は次の日、辛坊キャスターの報道番組のスタジオ製作中、楽屋部屋にはなじみのある出演者の名前を記す多くのプレートが掛かっていました。また進行を見守るモニター室は各番組を映す多くのテレビ、中でも報道の階には驚きました。約70メートルを一本の柱もなくランニングできる程の長く大きな部屋で報道番組に携わる方たちの机が延々と並んでいました。ひとたび大事件が起きるとこのフロアーは一斉に動き出し溢れんばかりの慌ただしさに包まれるそうです。ちなみにこの新社屋には従業員数575名(男性463名、女性112名)が働いておられます。普段見ることのない府議会、読売テレビを楽しく見学できましたのは、山本職業委員長を始め、ご尽力賜りました有山会員、吉田会員のお陰と感謝しています。有難うございました。又、見学会に引き続き情報集会の開催、情報集会のみに参加して下さった方々と共に、リバーテラスで美味しいお食事とお酒を楽しくいただきました。吉田親睦委員長、有難うございました。そして例会から最後の二次会までおよそ8時間長時間にご一緒下さった方々お疲れさまでした。

by osakajotorc | 2020-02-17 12:17 | 会長インフォメーション

2020年1月31日 会長 佐々木 多喜子

皆様、こんにちは。西辻様、本日はようこそお越しくださいました。後程卓話よろしくお願いします。
先週の例会のことですが、見ず知らずの方から大阪城東ロータリークラブ会長宛に一冊の書簡が送られてきました。送り主は化学系会社の代表取締役で名前も明記したうえで「世界を変える行動人」経験を活かして社会奉仕活動や人道的活動に取り組まれているロータリーに共感して送りました。と手紙が添えてありました。その本は「八正道」というタイトルでインドでヨガと瞑想を極めたヨグマタ相川圭子氏の著作でした。私も少なからずヨガを続けていますので早速読ませていただきました。なぜならヨガは深い呼吸と共に瞑想を行い心身の柔軟性を高めながら行う作業なので興味がありました。インド聖者のありえないヨガポージングは正に究極の瞑想と共になせる業なのです。そのヨグマタ相川氏の書は自分を解き放ち混沌とした世の中にあって幸せとは何かと気づくことによって現代人の心を浄化し瞑想に導く経典でした。ご興味のある方は事務局に本を置いてありますのでどうぞ。又、そんなことからヨガの歴史をひも解いてみました。ヨガは紀元前2500年頃インド地方のインダス文明の頃、瞑想を中心に自我を見つめいかに生きるかを探求する修行法でした。それは歴史を超えて本質的なものを大切にしつつ変容して現在に至ります。日本では1970年にヨガをエクササイズに取り込まれブームとなりましたが1995年オウム地下鉄サリン事件をきっかけにヨガ人口が激減しました。けれど2003年米国のマドンナ等、海外セレブを中心にした世界規模のヨガブームとなり今では、ヨガ人口は100万人以上といわれています。ヨガは深い呼吸で行う有酸素運動です。筋肉の柔軟と健康維持や美肌効果も得られます。自身の呼吸に合わせてストレッチを行うので体の堅い男性にもお勧めです。

by osakajotorc | 2020-02-10 12:29 | 会長インフォメーション

2020年1月24日 会長 佐々木 多喜子

皆様、こんにちは。連日メディアが報道している中国からのコロナウィルスは感染による被害に備えて日本は検閲所で健康状態の水際対策と医療機関の運用を強化しました。中国は春節祭で延べ30億人の移動を想定しています。比較的弱いウィルスと言われていますが変異しています。コロナウィルスを治療する特効薬はなく予防が重要です。手洗い、うがい、マスク着用が大切です。渡辺会員にいただいた冊子に詳しく書いていますのでご一読下さい。さて今月は職業奉仕月間です。職業奉仕はロータリーの根幹ですが職業の高潔性を高めていくことこそロータリーの本質であるとする捉え方に対し、近年は他の奉仕部門と同列であるというのがRI、世界のロータリーの見方です。ロータリーの長い歴史を振り返ると時代背景や先人たちの言説を受けて変遷してきました。ともあれロータリーの奉仕の理念について日本における職業奉仕は職業倫理の重要性を見出しています。ロータリー活動の在り方についての議論は今後深まっていくのではないでしょうか?
来週は職業奉仕委員会より府議会、読売テレビ新社屋を見学です。楽しみにしています。山本職業奉仕委員長どうぞよろしくお願いします。

by osakajotorc | 2020-02-04 11:59 | 会長インフォメーション

2020年1月17日 会長 佐々木 多喜子

皆様、こんにちは。今日の1月17日は1995年阪神淡路大震災が発生して25年の月日が経ちました。それにより私の実家も被災しました。連絡の取れない両親に震えが止まりませんでした。不幸中の幸いにして家族は無事でしたが、地震による様々な悲劇を呼び起こしたのはいうまでもありません。日本は地震大国と言われていますが、世界では十位です。一位はトルコで、アラビア、ユーラシア、アフリカの3つのプレートの間に位置し、加えて多くの断層を持っている国です。長い歴史の中で多くの大地震が発生してきた地震大国です。一方、日本はユーラシア、フィリピン、太平洋、北アメリカ等、4つのプレートがせめぎあい環太平洋造山帯、環太平洋火山帯、環太平洋地震帯とよばれる帯の一環をなしています。そのため世界全体で放出される地震エネルギーのうち一割から二割が日本の周辺に位置すると言われているほど震度1や2程度の地震が頻発しています。加えて400以上の火山が存在し地震に関連する自然災害の発生しやすい影響の受けやすさでは最悪な地理条件です。日本におけるMクラスの地震は1925~2016年までに発症した地震は全部で49回およそ1.8年に一度の割合で起きています。1995年の阪神淡路大震災のマグニチュードは巨大でなくても、震源の内陸型地震は悲劇となりました。南海トラフ地震が来ると言われて久しいですが、さてそんな時私たちはどうすればよいのでしょうか。災害のマニュアルの中に備蓄はもちろん自分で自分を護って下さいと記されていました。日本はいつ地震が発生しても不思議ではない状況で、また地震予知も不確実といわれています。震災をふりかえって何事もない一日が奇跡の様に思えます。感謝。

by osakajotorc | 2020-01-28 15:25 | 会長インフォメーション

2020年1月10日 会長 佐々木 多喜子

皆様あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくおねがいいたします。お正月休みはいかがお過ごしでしたでしょうか?昨今はお玄関にしめ縄、門松を飾るお宅も少なくなり、めっきりお正月の風情がなくなりました。けれども我が家では次世代のためにも伝統行事を引き続けてゆければと思っています。そんな中お正月早々暗いニュースばかりです。オーストラリア、ニューサウスウェールズ州の森林火災は未だ燃え続けて800万ヘクタールを焼失して動物5億匹が死亡、コアラは8000匹とも。ユーカリの樹はとても燃えやすいそうです。また世界のトレンドは第三次世界大戦が一位で日本トレンド一位はムックです。ムックとはスマホゲームです。日本は平和ですがこの乖離に不安を覚えました。それはさておき本日は会長残すところ後半の年頭にあたり健康に留意して元気で美しいロータリーを引き続き目指してゆきます。あらためてどうぞよろしくお願い致します。

by osakajotorc | 2020-01-20 12:51 | 会長インフォメーション

2019年12月20日 会長 佐々木 多喜子

皆様、こんにちは。先週のクリスマス家族会、多数のご参加をして頂きありがとうございます。美味しいお食事と豪華なプレゼントに楽しく和やかに終えることができましたのも吉田親睦委員長を始め出席・親睦活動委員会のご尽力のお陰と感謝しています。本当に有難うございました。
そんな中で皆様ご存じのように黒松元会員がご逝去され、クリスマス家族会の日にお通夜、翌日がご葬儀でしたが、私はそのいずれにも会長の責務の為に参列することができませんでした。ご葬儀の日は地区大会で今回、初めて各クラブの会長が登壇してご挨拶をしなければならないスケジュールが組まれてのリハーサルもありました。この場をかりて少し黒松さんを忍んでのお話をさせて頂きます。私は2001年入会の黒松会員とは同期で同じ丑年でお母さまも丑年、そんなことから何となく奥様と私の夫ともども親しくさせて頂いていました。彼はロータリーでは面倒なこともフットワーク軽くいつも楽しそうにされていました。また彼から軽口は聞いても悪口は聞いたことがありませんでした。彼のいつも心からの楽しそうな笑顔は30代に発病されて3か月一度の治療を受けられている中で当たり前の一日がどんなに大切なのかと誰よりも解かっている笑顔なんだと感じていました。私はそんな黒松さんを尊敬していました。其れなのにまさか黒松さんが突然いなくなるなんて考えてもみないことでした。折角、苦しい苦しい治療を乗り越えたのに、私への最後のメールに、「昨日、得意先のゴルフコンペに行ってきました。寒かったです。とそして無理なさらないように…」とメールが送られてきました。その時、胸騒ぎを覚えました。それが現実になりました。みんなに愛されてロータリーに戻ってくることを約束していたのにやりきれない思いです。そしてなぜクリスマス家族会の日にどうしてなのと思いました。
それは黒松さんがきっとクリスマス家族会に参加したかったんだと思いました。来年のクリスマスにはきっとこの日を思い出します。また私が悲しむ暇もない程、慌ただしかったこの日、私の涙を見たくなかったのかもしれません。

by osakajotorc | 2020-01-20 12:47 | 会長インフォメーション

2019年12月13日 会長 佐々木 多喜子

皆様、こんばんは。ようこそ師走のお忙しい中、クリスマス家族会にお越しくださいましてありがとうございます。今日だけは仏教徒の方も無宗教の方も、にわかクリスチャンとして大いに楽しんでいただきたいと思います。
私にとってクリスマス会は18回目になりますが、クリスマス家族会でお会いしたお子様たちの毎年の成長を拝見するのも楽しみのひとつです。先日、ある会員のお孫さんが昨年、私が来年忘れずに絶対来てね。といった言葉を覚えてくれて、そのお孫さんが約束したので行かなくてはならないと言って、今日は来てくれています。律儀で素直な心に感動しました。ロータリーの奉仕活動はご家族のお支えあってのことです。またお会いできて嬉しく思います。ご家族も含めてすべての方がロータリアンスピリッツに溢れています。そして皆さんと共にお健やかで美しくクリスマスを迎えられることに感謝しています。どうか今宵はごゆっくりご歓談くださいませ。ロータリー心触れあうクリスマス。一年に一度、皆様と共にクリスマスパーティーを迎えることに感謝して、私のご挨拶とさせていただきます。

by osakajotorc | 2019-12-24 12:42 | 会長インフォメーション

2019年12月6日 会長 佐々木 多喜子

皆様、こんにちは。今月は疫病と治療月間です。ロータリーでは世界に向けて治療における奉仕活動を推進していますが、先日アフガニスタンで30年以上にわたり人道支援活動をされていた中村哲医師が銃撃されてお亡くなりになられました。危険を顧みずご家族を置いてのご活動は想像を超えるほどの偉大な功績を残されました。アフガニスタンのために無私の心で仕えた真実の人、ご冥福をお祈りします。
さて今月は疫病月間でもありますので疫病について「人類と感染症の歴史」加藤重孝氏のご本からインフルエンザについて抜粋させていただきました。いつも姿を変えながら人間を襲うインフルエンザの名称の由来は1933年にインフルエンザの病原菌が発見されるまで人々がおののき悪霊に侵された何か得体のしれない病で宇宙の悪い空気が流れてきて発症したのではないかというところからin(中) flow(吹き込む、流れ込む)何かが体の中に流れ込むをもとにイン・フル・エンザになりました。そして最大のインフルエンザパンデミックは1918年~1920年に発症したスペインインフルエンザで第一次世界大戦の死亡者約900万人より6倍の5000万人が亡くなったといわれています。日本では2009年民主党政権時代、新型インフルエンザが世界中で猛威を振るうインフルエンザパンデミックがありましたが終息してみれば日本は稀にみる感染死亡者が少なく「日本の奇跡」と言われるほどでした。なぜなら日本は世界的にも有数な医療インフラと保険制度が充実しているからです。風邪は万病のもとと言われていますが、体力の弱った体にインフルエンザが忍び込んできます。病原菌は水で流れますので外出から帰ると、うがい、手洗い、水分補給と、加湿器の常備を忘れずに。最後にエボラ出血熱のワクチンの臨床試験がはじまりました。1976年アフリカで見つかったウイルス性感染症で致死量は平均50パーセントと言われています。全身あらゆるところから出血する恐ろしい伝染病です。世界交流が盛んな現在安全性の高いワクチンが開発を待たれています。

by osakajotorc | 2019-12-18 16:58 | 会長インフォメーション

2019年11月29日 会長 佐々木 多喜子

皆様、こんばんは。本日は第2回夜間例会に多数ご参加していただきありがとうございます。本日は情報集会とコラボしてニューオータニさんが特別なワインと美味しいお食事をご用意してくださるそうです。お昼の例会は慌しくてゆっくりお話しもできないという事がきっかけで始めた夜間例会ですが、今宵は皆様と共に親交を深める楽しい秋の夜長になる事と思います。また、長期欠席されて心配していた梅本さんが快復されてご出席されています。お元気そうでなによりです。そして窓から見える大阪城の紅葉が今美しいです。外出しなくてもこんなに近く素敵なスポットがある例会場に感謝して一句
“燃ゆる森過酷な冬を前にして”

by osakajotorc | 2019-12-09 11:25 | 会長インフォメーション