人気ブログランキング |

カテゴリ:会長インフォメーション( 277 )

2019年8月30日 会長 佐々木 多喜子

皆様、こんにちは。8月24日土曜日は城東まつりでした。前日から雨が降り続く中、心配していた雨も上がり、むしろグランドの砂も舞い上がることもなく時折爽やかな風も吹いていました。早朝から社会奉仕委員長を始め、会員の方々のご協力で屋台を立ち上げ、お昼前には店舗に商品が並んでいる態勢が整いました。杉野会員がご用意された法被を着て、的屋さんが始まりました。商品は社会奉仕委員会、理事役員、総勢約20人態勢で慣れないお仕事に取り組んでいただきました。伊坂会員は委員会のメンバーですが、ビニール袋を渡す係をして下さり、柳瀬幹事は高熱を押して熱湯の前で解凍を黙々とされているのには頭が下がる思いでした。又、川中会員の奥様、中山会員の奥様には長時間お手伝いいただきました。いつもながら感謝しています。応援団には有山会員、松矢会員、薦田会員、岸田会員、山本会員、吉田会員、中嶋勝会員、事務局も駆けつけてお手伝いして下さいました。そして吉井会員のご主人とお子様、米山奨学生、梅星さんと妹さん、成城高校の生徒さん達、大勢の人数でテントに入りきれない位の賑わいでした。皆様本当にお疲れさまでした。
本年度のスローガンは繋がるがテーマですが、会員同士が協力して一つの目標を遂行するロータリアンに美しいロータリーを感じました。ちなみにこの事業は大阪城東ロータリークラブを地元に認知して頂くことをコンセプトに始まりました。今回は麻薬撲滅のウェットティッシュをお配りしました。最後にお祭りの意味を調べてみました。祭りとは感謝や祈り慰霊のために神仏及び祖先を祭る儀式です。春は豊作祈願、夏は疫病退散、厄除け台風除け、秋は感謝祭、冬は新春町興しです。

by osakajotorc | 2019-09-09 16:37 | 会長インフォメーション

2019年8月23日 会長 佐々木 多喜子

皆様、こんにちは!お盆休みはいかがでしたか?まだまだ蒸し暑い日が続いていますが、お盆といえば、お墓参りと共に亡くなった人々を思い出します。私の父も2年前に他界しました。いつも静かに読書をしている寡黙な優しい人でしたが、ゆっくりと話した記憶がありませんでした。けれど、私のお誕生日にはプレゼントと共に必ず、本とチョコレートを添えて下さっていたのを覚えています。亡くなった今、もっと話を聞いておけばよかったと後悔しています。数少ない話の中で父が戦争の話をしました。戦時中、日本帝国海軍兵でしたけれども、泳げなかったそうです。船が撃沈された時、木の切れ端に浮かんでいて助かったと言っていました。もし父がその時死んでしまっていたら、ここに私はいませんでした。父に感謝です。今回、戦争映画は滅多に見ないのですが父が海軍兵ということもあり、海軍にまつわる「アルキメデスの大戦」を鑑賞してきました。いきなり冒頭から巨大な戦艦大和が断末魔の叫びをあげて沈みゆく船体に幾千万の乗組員たちが木の葉のごとく散ってゆくシーンは恐ろしく壮絶で、戦争の悲劇を凝縮したようなシーンでした。その時の大和の乗組員、3332人、生存者276人でした。そして、戦艦大和の燃料は片道しか積載されていませんでした。この映画は1930年代第二次世界大戦前の日本海軍に天才数学者が数学で戦争を止めようとした物語です。これに我が家の高校生と中学生を連れてゆきました。なぜなら戦争を体験した曽祖父が亡くなり、やがてそれを直接聞いた世代も消えてゆく中で、戦争がいかに無意味で平和がどんなに大切かを少しでも感じて欲しかったからです。インドのマハトマガンジーが“平和への道はない平和こそが道なのだ”とそして何より私達のロータリーも平和を目指しています。

by osakajotorc | 2019-09-04 16:46 | 会長インフォメーション

2019 年8月2日 会長 佐々木 多喜子

皆様、こんにちは。四宮ガバナーようこそお越しくださいました。後程卓話ご指導よろしくお願いします。ゲスト地区より地区大会のご案内に来て下さった、大阪西南ロータリークラブの地区代表副幹事 上田勝嗣様、地区幹事 朏律子様、後程ご案内よろしくお願いします。元ニューオータニ総支配人で当クラブの元会員でいらっしゃいました甲田浩様、ビジターの大阪東RCの西村貞一様ごゆっくりご歓談くださいませ。
さて8月は、増強月間です世界的にも会員数が減少している中、当クラブもご多分に漏れず会員減少は切実な問題です。45周年薦田会長年度には、戦略計画委員会を再考して委員会を立ち上げました。そして2名が入会、昨年には1名が入会されましたが、少しほっとしたのもつかの間、前年度は4名退会、現在34名です。そんな中、先週金曜日第一回戦略計画委員会が開催され、中嶋委員長より当クラブの会員状況の資料を提供頂きました。これらの詳細は、8月30日の卓話を戦略委員会の会議に変えて致しますので、どうぞよろしくお願いします。ともあれ会員増強は、会員相互の結束が大切です。それには四つのテストの好意と友情を深めるか?とありますが、親睦こそが増強へと繋がり、また本年度のスローガンRI2660地区共に繋がるというテーマは、増強への提言でもあると思います。会員同士の絆が深まりロータリーが好きになり重ねて理想とするなら、矜持と品位のある魅力あるクラブになることが、会員増強へと繋がってゆくのではないでしょうか。

by osakajotorc | 2019-08-28 12:31 | 会長インフォメーション

2019年7月26日会長 佐々木 多喜子

皆様、こんにちは。7月21日は参議院選挙でしたが投票に行かれたことと思います。政治、宗教のお話はロータリーでは不文律なので差し控えさせていただきますが、実は私は政治オタクです。不謹慎かもしれませんが、政治の日々の動きを見ているとどんなドラマよりもドラマティックだからです。又政治家さん達のお顔が俳優のごとく様々でユニークで,悪役顔、狡猾そうな顔、知的で誠実そうな顔等、千差万別ではありますが、お顔も選挙で選ぶ基準になっているかもしれませんね。最も近年は個性豊かな役者さん?も少なくなりましたが。お顔については、アメリカの16代目のエイブラハム リンカーン大統領の有名な言葉に【40歳過ぎれば「自分の顔に責任を持て」があります。その人となりの品性、知性、考え方の内面がそのまま顔に現れていると言われました。またフランスを代表するデザイナーのココシャネルも20歳の顔は自然の贈り物、30歳の顔はあなたの人生、50歳の顔はあなたの功績。時代背景あらゆる面で異なる二人ですが奇しくも同じことを提言しています。その点、男性はお化粧でごまかすことができないのでお気の毒ですねけれど女性は厚塗りしたりアクセサリーを一杯つけて、もしかしてごまかす?ことができるので女性に生まれて来てよかったなと思いました。いずれにしても人生の集大成がお顔に現れると思うと日々、うかうかと過ごさないようにしなくてはならないなと思いを馳せました。

by osakajotorc | 2019-08-06 12:38 | 会長インフォメーション

2019年7月19日 会長 佐々木 多喜子

皆様、こんにちは。福田ガバナー補佐ようこそお越しくださいました。本日のアッセンブリーご指導よろしくお願いします。
本年度のRI会長のスローガン ロータリーは世界をつなぐですが私が世界のロータリーとの繋がりを感じた時の出来事を少しお話をさせていただきます。私は20数年前から主に英語圏に滞在型旅行をしていました。がロータリーに入会してからは時折地元の例会場でメークアップをしていました。 それはシドニーに滞在していた時のことです。2011年3月10日にシドニーロータリークラブでメーキャップをしました。そして次の日2011年3月11日忘れもしないあの東北大震災が起こりました。私は夕刻滞在先のテレビで刻々と伝わる惨状にひとり胸が張り裂けそうでした。と、その時私の携帯電話や滞在先に何通も電話がかかって来ました。それはお電話の主はなんと前日例会場で出会ったシドニーRCの方々でした。君の家族は大丈夫かい?家は何ともなかったの?などの心配のお電話だったのです。たった一回の訪問でお名前もお顔すら覚えていない私へロータリーの仲間からの温かい思いやりだったのです。涙が出るほど感動しました。そしてロータリーってすごいなと率直に感じた出来事でした。またこの体験は長きにわたりロータリーに在籍している大きな要因でもあります。そしてもう一つ感動したことがありました。震災の翌日、現地の新聞に大災害の模様と共に東北の人々が救援物資を整然と静かにお待ちになる姿に人々が驚き感動したと伝えていました。

by osakajotorc | 2019-07-26 14:42 | 会長インフォメーション

2019年7月12日 会長 佐々木 多喜子

本日は第一回の情報集会のプールサイドパーティーですが当然いつも傍らに並々と注がれた水がプールされています。この水は生命を司る大切なものですが飲料水だけではなく、心の落ち着きや安らぎを得る癒し効果があります。延々と続く海に寄せては返す波の音、小川のせせらぎ、また都会の汚れたアスファルトを打つ雨音、そして涙?特に波の音は母の胎内の音に似て安心感とリラックス効果があるそうです。水は過ぎると時として人々を脅かしますがそれはさておき今日は癒しの水を感じながら楽しんでいただけたらと思います。

by osakajotorc | 2019-07-22 15:42 | 会長インフォメーション

2019年7月5日 会長 佐々木 多喜子

皆さん、こんにちは。今日から46回インフォメーションをさせていただきます。よろしくお願いいたします。
さて前年度はG20 の為6月21日が最終例会でしたが前年度家原会長の最後のお仕事として趣味の会の音楽観劇会の中山会員と共にジャズライブを企画していただき10名の会員の方と共に楽しんで参りました。出演は結成60年のビッグバンド アローズで、歴史があるだけ83歳のトロンボーン奏者がおられました中でも印象的だったのは白髪を揺らしたドラマーです。柳瀬さんが盛んに、かっこええとおしゃっていました。そしてもう一人の出演ジャズボーカリストKIKOさんもとても声量豊かでした。彼女は歌うことが大好きでとても幸せとおっしゃっておられましたが、好きなことがお仕事ってほんとに素敵です。今年度も趣味の会を継続いたしますのでご参加よろしくお願いします。余談ですがライブの日は27日のG20の初日で大阪中が物々しい雰囲気に包まれていました高速道路も通行禁止の為、私は大阪に泊まりましたが、あの日は各国3万人が滞在されましたが大阪の主要なホテルには各国の首脳が宿泊されました。もちろんホテルニューオータニオオサカも。そして会員の吉田さんが総括支配人としてホテルを仕切っておられましてテレビのインタビュー、28日の読売新聞にもコメントが掲載されていました。ほんとにお疲れさまでした。ちなみにG20の経済波及効果は365億円だそうです。

by osakajotorc | 2019-07-22 15:40 | 会長インフォメーション

2019年6月21日 会長 家原 泰雄

皆さん、こんにちは。7月の卓話者 木岡 清様ごゆっくりして下さい。大阪東ロータリークラブの佐々木 恭一様ゆっくりご歓談してください。
最後のインフォメーションになりますが、この1年でいろんな話題を述べてきましたが、まとめとして、来週行われるG20で議題にされる海底に沈んだマイクロプラスチックゴミ、レジ袋、ストロー等の有料化また、代替品、プラスチックリサイクル問題点で地球環境が良い方向に進んでほしい。打ち上げ時から興味を持ち、まさか本年度中にはやぶさ2がリュウグウにタッチダウンして、成功するとは思っていなかったし、あと少しで有機物を持ち帰ることを期待しています。またこのはやぶさ2に非常に協力的なイギリスの天文学者であり、クイーンのリードギタリスト*ブライアン・メイを紹介したところ全世界でクイーンの映画が大ヒットし、とてつもないロングランになってビックリしています。他に来月世界遺産に登録される百舌鳥・古市古墳群も世間では賛否両論を繰り返しています。他には24節気や落語など述べてきましたが、参考にならなかったかもしれませんが、これで1年間のインフォメーションを終了させていただきます。

by osakajotorc | 2019-07-08 11:19 | 会長インフォメーション

2019年6月14日 会長 家原 泰雄

皆さん、こんにちは。コスモスプロジェクトの足立様、永井様、後程卓話宜しくお願い致します。アイ・ラブ城北川実行委員会の明石様、高田様ごゆっくりなさって下さい。
本日は私のお勧めの落語をご紹介します。題目は崇徳院と言う大昔から有名な落語です。この崇徳院は、第75代天皇で、宮中におられた頃に作られた和歌のひとつで、現在も百人一首で歌われています。その和歌とは、「背を早み  岩にせかるる  滝川の  われても末に  逢はむとぞ思う」さる大家の若旦那が茶店で会った(水もしたたるような美人)に一目惚れし、その美人が分かれる時書いた和歌で、分かれ分かれになっても末には一緒になりましょう!と言う内容です。これを演じている噺家はたくさんいますが、一番上手なのは、古今亭志ん朝です。彼の代表作品には[文七元結][火焔太鼓]がありますが、この人は、とにかく落語の天才と思っていますし、あの毒舌家の立川談志が当時、今落語家と言えるのは志ん朝だけと言っていました、ご存時 古今亭志ん生の息子さんです。上方落語にもこの崇徳院を面白く演じている噺家がいます。それは笑福亭仁鶴。彼は、バラエティーで有名ですが、落語もけっこう上手なんです。上方落語は、一時四天王と呼ばれた4人がいましたが4人とも過去の人なり、その中でも人間国宝 桂米朝さんは素晴らしい噺家でした。機会があれば江戸も上方もぜひ聞いてください。

by osakajotorc | 2019-06-24 11:18 | 会長インフォメーション

2019年6月7日 会長 家原 泰雄

皆さんこんにちは。今月は今年度最終月の水無月です。先週の夜間例会はいかがだったでしょうか?お料理が大変美味しかったです。今月入ってすぐに鮎の解禁があり、鮎の塩焼きは清流で育ったのは美味です。また今週からは泉州地域で栽培される水茄子は甘くて生のまま食べられます。昨日からは芒種と言いまして「のぎの種」と書いて稲の穂先にある針のような突起のことで穀物の植え替えと田植えの時期に入ります。と、言っても田植えはもう少し前から始まっていますが…。
さて、今月のロータリークラブは親睦活動月間で、先日のフレッシュロータリアンの講演でも元ガバナーがロータリーは親睦が一番であると述べられていました。国内、海外のクラブでもいろいろな取り組みをされていますが、例会だけではなかなか会員同士の親睦や意思の疎通が図れません。また、世代間で20~30歳開くと育ってきた社会環境の変化に伴い良い関係を緊密にしてくれない。そこで各クラブでも生まれたのが、同好会の発足です。今年度大阪城東ロータリークラブも「ワイン・グルメの会」「旅行の会」「音楽・観劇」の3つを同時期に立ち上げ、趣味・活動・奉仕を一度に楽しめるロータリー親睦活動に連携出来ればと思います。

by osakajotorc | 2019-06-17 12:31 | 会長インフォメーション