カテゴリ:卓話( 200 )

2018年11月30日 座談会:戦略計画委員会 中嶋 進治委員長

「会員増強について」

本日の「座談会」は「実践的会員増強」をテーマに行います。今年度も5か月を過ぎましたが、会員増強は0です。創立50周年に向けて会員を50名にするには、少なくとも本年度に40名以上の会員を確保しなければなりません。もっとも、うれしいことに、本日、佐々木会員から入会者の推薦を頂きました。先日の、炉辺会合に参加して頂いたことが、クラブに溶け込みやすい印象を与えることができたとのことです。このように何か、会員勧誘のためいい方法はないか、皆さんで議論して頂きたくお願いします。
     テーマ 実践的会員増強
1 何を材料に新入会員を勧誘するのがいいでしょうか。
(Aチーム)
 ・クリスマス家族会、情報集会などに出席して頂くと入会しやすい。
 ・会社への訪問。
 ・紹介者を通じてお声掛けを広げていく。
 ・趣味を通じて勧誘する。⇒ 一回目は接待するのが望ましい。
(Bチーム)
 ・他クラブの退会者に声を掛ける。
 ・先ずは、懇親会に参加していただく。
 ・地域の趣味の会などに参加。
 ・仕事の交流会などでお誘いする。
 ・色々な仕事、年齢の人脈が出来ることを伝える。
(Cチーム)
 ・例会ではない親睦会や炉辺会合など和やかな雰囲気のときにお誘いする。
 ・近く開催のクリスマス家族会へのお誘い候補、見つけましょう。
 ・今回の女性新入会員もかなり年月がかかった。勧誘の継続を怠らない。
(Dチーム)
 ・70歳近くの年齢になると友人も少なくなり、すでに他の会にも入られており、以前は地域別にアプローチも  試みたが難しい状況でありました。
 ・仕事でのお客様などは立場上アプローチしにくいので、同業者や友人が主体になりますが、同年代は実務  で精一杯なのが、現状であり、余裕がありません。
 ・仕事関係のお客様にアプローチするのは個人情報やホテルの立場上、困難です。
 ・地域、特に城東区付近の異業種交流会などの社長職や代表者などが交流できる会  をターゲットにして  若い会員が主体でチームを組んで活動してみては如何なものでしょうか?
 *時間の制約上、議題2・3・4も含めての意見交換となりました。

2 それでも、勧誘できないのは何故
(Aチーム)
 ・昼の例会は出席しにくい。⇒特に若者は現役で働いているから。
 ・入会するメリットが見えにくい。
 ・姉妹クラブ提携が、極めて少ない。⇒グローバル化の時代において、国際的な活動が見えにくい。
(Bチーム)
 ・すでに他のクラブに入っている。
 ・元会員のご子息を誘っても嫌がられる。
 ・生活圏が当地区以外で例会参加が難しい。
 ・他クラブ退会者は、一度懲りている。
 ・平日昼間に例会出席が難しい。
 ・仕事の顧客は、仕事でのデメリットになる事があり誘えない。
(Cチーム)
 ・ロータリー向きと思われる人物が自身の周りに少ない。
 ・本来、一業種一社で、仕事のためになるはずが、同業種複数存在すると、仕事の繁栄には…
 ・プレイングマネージャーが多く、毎週決まった時間に出席できない人たち多い。

3 どうしたらそれを乗り越えられるか
(Aチーム)
 ・昼の例会だけでは、若者は参加しにくいので、月1~2回、夜の例会にする事が、望ましい。
 ・先輩はリーダーシップを発揮すべき。
 ・大阪城東ロータリークラブの特徴を持つべき。⇒趣味の会など。
 ・会長、幹事、会員増強委員長が自ら行動する。
(Bチーム)
 ・現会員の趣味の会の設立。
 ・例会時間の検討。
 ・人脈の拡大をPRする。
 ・ロータリークラブの一層のPR。
 ・懇親会に参加いただき皆と交流してもらう。
(Cチーム)
 ・推薦者、勧誘者との人間関係に尽きる。 「あの人が言うなら間違いないだろう」

4 その他、入会勧誘について、重要なこと
(Aチーム)
 ・50周年で50人を目標とするならば、年間5人を入会させる。
 ・37名+20名=57名となるが、退会者も出る予測として、50名にする目標が必要となる。(この場合1業種1名では無理があるので、臨機応変に対応すること。)
 ・勧誘する人と食事などをしながら、和やかな雰囲気の中、信頼関係を築き、入会を勧める。
 ・大阪城東ロータリークラブの特徴や、実績ある奉仕活動の内容を興味を持つように説明する。
(Bチーム)
 ・大手企業のメンバーを増やせれば…。
  企業メリットが必要。
(Cチーム)
 ・ロータリーは「寄付行為」が最も肝要、一定のお金がかかる団体であることを忘れるな。
 ・入会すぐの退会者発生は何としても避けたい。勧誘継続し、且つ「機が熟してから」という見極めも必要な  のでは。また、紹介者のみならず全員での声がけや見守りが不可欠であるのは言うまでもない。   
[PR]

by osakajotorc | 2018-12-11 11:48 | 卓話

2018年11月2日 ロータリー財団委員会月間卓話 担当:ロータリー財団委員会 山本 健策委員長

「ロータリー財団の歴史と活動について」
RI2660地区ロータリー財団委員会 資金推進小委員会 
委員長 大谷 隆英様 (大阪柏原RC)

11月はRIが指定するロータリー財団月間です。そこで財団の大まかな歴史と現状の概況をご報告します。
①ロータリー財団の歴史
1905年に米国シカゴでロータリーは生まれました。当時シカゴは大不況で「人間関係の充実した集まり」と「会員同士の互恵的な商取引」を目指しました。翌年ドナルド・カーターの入会を機に会則の修正が行われ、シカゴ市、市民への奉仕が目的に追加され、ロータリーに社会奉仕の理念が生まれました。その12年後の1917年に第6代RI会長アーチ・クランフによって国際ロータリー連合会基金が設立されました。「世界で良いことをするための基金」という呼びかけで始まりましたが当初寄付が集まらず、財団としての機能を果たすことができませんでした。1947年ポール・ハリスの逝去に際し、70か国30万人以上の会員から寄付があり、130万ドルの財団原資を得ることができました。世の中は第一次世界大戦をはじめ、大きな戦争が勃発する時代でした。ロータリー財団は国と国、民族と民族の理解と信頼を形成することによって戦争紛争の起こらない世界を作ろうと考え、国際親善奨学生を全世界に派遣するようになりました。現在まで4万人を超える奨学生を派遣している実績は、民間奨学金制度では世界最大です。
②ロータリー財団のシェアシステムについて
3年前の年次基金寄付の50%が地区財団活動資金として、残り50%が国際財団活動資金として配分されます。グローバル補助金、グローバル奨学金は地区拠出金に対して同額の補助金が支給されます。その結果、第2660地区は昨年実績で我々が寄付した3年前の年次基金寄付のうち80%を我々自身の意思で使途を決めることができています。
③ロータリー財団の財務
非営利団体格付け会社、チャリティー・ナビゲーターによると10年連続最高評価の4つ星で、これは数千ある非営利団体のうち1%の団体に与えられたものです。
④財団のプログラム
財団の主なプログラムは①ポリオ撲滅運動②ロータリー平和フェローセンターの支援③奨学生・補助金プログラムです。
⑤資金推進
ロータリー財団への寄付は2010年から「所得控除」「税額控除」の優遇措置対象寄付となりました。
「ロータリー財団の使命」は「ロータリーの使命」を達成できるようにすることとロータリー財団章典に明記されています。年次基金寄付はその使命を果たすための原資となります。ロータリー財団へのご寄付をお願いいたします。
[PR]

by osakajotorc | 2018-11-13 11:31 | 卓話

2018年10月26日 卓話:佐々木 多喜子会員

「星の王子さま」


皆様こんにちは!今日はフランスの作家のアントワーヌ・ド・サン・ティグジュベリの小説「星の王子さま」のお話をさせていただきます。この小説は1943年に第2次世界大戦中アメリカで出版されました。200以上の国の言葉に翻訳され1億5000万人以上が読まれた世界のベストセラーです。私も幼少のころ読んだこの本が大好きになりました。でもその頃は当然、この小説本の持つ深くて、広いメッセージを知る由もありませんでした。
飛行士である僕はサハラ砂漠で不時着をしました。覚悟を決めて修理をやり遂げなければなりません。しかし一週間分の水しかありませんでした。そんな孤独で不安な思いの夜に風変わりな少年に出会いました。その少年が星の王子さまでした。王子さまは僕に出会うまでの色々な話をきかせてくれました。王子さまは普通の家ぐらいの星に住んでいて3つの火山と毎日掃除をしないと根を張って星を割いてしまいそうなバオバブの芽とよその星からやってきた種から咲いたバラの花がありました。このバラを王子さまは美しいと思い大切に世話をしていました。風の日は風をよけ、夜露にはガラスの容器で守っていました。けれどこのバラは気難しく高慢で気まぐれで王子さまはいつも傷ついていました。ある時、このバラの花と喧嘩をしたことがきっかけで他の星の世界を見に行くために旅に出ました。そして6つの小惑星を訪れました。それらの星には1「自分の対面を保つことに汲汲とする王」2「常に称賛の言葉しか受け入れない自惚れ屋」3「酒を飲むことに恥それを忘れるために又酒を飲む酔っ払い」4「夜空の星の所有権を主張する勘定に日々を費やす実業家」5「1分ごとに自転の為ガス灯の点火や消火している点灯夫」6「自分の机を離れたこともない地理学者」地理学者に勧められた7番目の星が地球でした。砂漠では月の色をした猛毒の蛇と知り合いになって穢れのない君を君が望むなら故郷の星にいつでも帰してあげるよと約束しました。次にキツネに出会いました。王子さまは寂しかったので「お友達になって」といったところ絆を結ばないとダメだよ。それは毎日少しずつ少しずつ我慢強く近づくんだ。すぐには無理だよ。王子さまは地球にきて美しいバラがいっぱい咲く庭園を訪れて僕の星のバラはこの世に一輪しかないと思っていたのにこんなにありふれたバラだったんだ。と、とても悲しくなっていました。けれどキツネはあるものに対して時間をかけた結果、掛けがえのない絆になるんだと言う言葉に、王子さまは気づきました。僕の星の大切なバラは僕にとって特別だということに!キツネは別れ際に秘密のことを教えるよ、物事はね、心で見なくてはよく見えない【一番大切なことは目に見えない】王子さまは帰る決心をしてサハラに来たのです。僕はすっかり王子さまを大好きになっていました。王子さまの笑い声がもう聞こえなくなると思うと、とても耐えられない、悲しい思いでいっぱいでした。王子さまは言いました。君が星空を見上げるとそのどれか一つに僕が住んでいるからそのどれか一つでぼくが笑っているから君には星という星が全部笑って見えるよ。悲しい気持ちがいつか和らいでいつか僕と知り合ってよかったと思うよ。君はずっと僕の友達だもの一番大切なことは目に見えないんだ。壮大で美しくロマン溢れる星の王子さまは私にとってのバイブルであり心のオアシスである珠玉の書です。一番大切なことは目に見えないというメッセージとともに自ら戦闘機を操縦するサン・ティグジュベリは世界の平和を何より望んでいたのではないでしょうか?
[PR]

by osakajotorc | 2018-11-02 11:26 | 卓話

2018年10月19日 卓話担当:大道 一弘会員

「米山奨学金事業で広がるロータリー精神」
アリフ・ザイニ様


大阪城東のみなさん、お久しぶりです。
2013~2015年度お世話になりましたアリフです。卒業してから3年が経ち、いろいろなことがありました。プライベートでは、大学時代から付き合った人と去年結婚し、もうすぐ長男が生まれます。
仕事では、三菱電機に就職し、研究所でモータの研究開発をしています。入社4年目になり、上司から任せられる仕事量も増え、後輩の面倒も見なければならなく、日々忙しく会社に鍛えられていると感じています。
ロータリーでは、「米山学友会」という米山奨学生の卒業生が集まる団体でロータリーとの関わりを続けています。米山学友会は、2660地区を含め、国内では33団体あります。また、自国に帰ってもロータリーとの関わりを続けたい人もたくさんいるため、海外学友会は9団体あります。1980年代に台湾学友会と韓国学友会が設立され、その後中国、タイ、ネパール、モンゴル、スリランカ、マレーシア、ミャンマーが設立されました。米山学友会の役割は奨学生とロータリアンとの架け橋、世界各国の架け橋になることです。奨学生は日本人とのコミュニケーションに慣れていない人もおり、外国人との接し方がわからない日本ロータリアンもいますので、その間の役割を担当しており、お困りのことがあれば遠慮なくご連絡ください。また、米山学友会は各自で奉仕活動もしております。例えば当地区の学友会では今年の4月に「米山教室」※という勉強会を始めました。米山学友会には優秀な人材が多くいますので、その人材の知識を活かし、語学教室(英会話、韓国語、中国語)、世界料理教室、フィットネス教室を実施してきて、今後はパソコン教室なども企画しております。主な目的は知識の共有とロータリー関係の方々との親睦を深めることですが、500円の参加費も徴収しておりその全額を寄付活動に使用しています。
台湾学友会と韓国学友会の場合は、日本人学生のための奨学金制度を数年前始めました。台湾学友会は現在4名の日本人学生を支援しています。また、世界の米山学友会は共同でも奉仕活動をしています。例えば、2016年に大きな地震を受けた熊本で、財団設立50周年記念会を450名規模(ロータリアンも含む)で、昨年に行いました。さらに震災地に訪れ、飯野小学校に寄付金を贈呈したり、熊本観光をしたりしました。熊本県民に少しでもお役に立てればと思い企画しました。
このように、現在の米山奨学生を支援する活動は、今の世代で終わることなく、今から次へと、また日本から海外へと、そしてそれがまた日本に帰ってくる活動です。今後とも米山奨学金制度の支援をよろしくお願いします。
※ご興味のある方はFacebookで「米山教室」を検索してください。メインページで「いいね」を押すと、新しいレッスンの予定が発信されたときに自動的に通知されます。
[PR]

by osakajotorc | 2018-11-02 11:23 | 卓話

2018年10月12日 米山奨学生 来 方远様

「顔のケガ・傷あとの治療について」

みなさん、こんにちは。今回、私は「顔のケガ・傷あとの治療について」の卓話をさせていただきたいと思います。この内容は当講座の日原正勝先生が以前、市民公開講座の時に発表した内容で、私はこの発表内容がすごく興味深いと思うので、ぜひ皆様に紹介したいと思います。
日常生活では、顔が受傷により、さまざまなケガや受傷後の傷を起こすことがよくあります。傷の治りに影響する要因の一つは傷の深さです。深い傷がより治りにくいし、治った後に、残った傷のあとも汚くなる。そのため、受傷後に、病院に傷を縫い合わせて、深い傷をできるだけ小さく、浅くするのが良い。二つ目は傷に感染があるかどうかということです。炎症が長引いたり、感染が合併するとき、皮が張るのが遅くなる。そのため、治療をできるだけ早くするのが良い。受傷直後に、傷ができて、傷に対する創傷被覆材を用いて湿潤療法という治療法が今流行っています。湿潤療法は、うるおい療法ともいわれます。創傷被覆材を種々の被覆材で覆って、湿った環境を保つことができます。傷は乾燥させたほうが早く治るのですか?実は、生きている細胞は乾燥すると破壊されてしまうので、傷周囲の細胞を乾かさないように、体が本来持っている力、いわゆる「自己治癒能力」を最大限に生かすべきです。ですので、傷の治療には適度に湿った環境が必要です。湿潤療法は特にやけどを受けた患者さんに有用ですが、熱傷以外、擦り傷にも役たちます。しかし、間違った湿潤療法を行なったら、傷は逆に悪くなる。いけに水を注ぎすぎると、洪水が氾濫します。全ての傷に勝手に湿潤療法を使ったら、大変なことになるかもしれません。受傷後、お早めに医療機関を受診されることをお薦めします。続きましては、傷あといわゆる(瘢痕)に対する形成外科手術療法について、紹介致します。まずは、瘢痕に対するW形成術という手術手技です。W形成術という方法は、傷の向きを皺の線に沿うようジグザグにして、なるべく傷あとを目立たないようにします。真皮縫合は形成外科医にとって、非常に基本かつ重要な手技の一つです。外傷を受けた後に、そのままほっといたら、治りますが、目立つ傷あとになりやすいです。瘢痕部位を切除し、真皮縫合を行い、目立つ瘢痕がなくなりました。次は形成外科の重要な手技の一つである植皮術です。植皮とは、皮膚移植のことで、身の他部位から皮膚を採取して、皮膚が欠損している部位に移植することです。受傷後に、形成外科医が初めから治療すると、結果もよい。そのほかにも、様々な治療手段を形成外科医は持ち合わせています。瘢痕に対する圧迫療法や、難治生潰瘍に対する持続陰圧吸引療法、皮膚創傷に対する、線維芽細胞増殖因子という細胞増殖因子を使う再生医療技術と正常皮膚を拡張するためのTissue-Expanderがあります。したがって、お早めに治療を受けた方が良い。適度に湿った環境が傷に良い。できた傷あとに対しても、多くの治療手技がある。古来、人類の歴史は、その大半が飢餓や感染症、怪我との戦いでした。怪我というものに対しても、出血を止めたり、傷口を小さくしたりする機能を、人間はもともと持ち合わせています。形成外科は、体表面の怪我や、傷跡をより正常に近い状態にする外科の一分野として発展してきました。しかし、あくまでも治療の主体は、人間に内蔵された優れた創傷治癒のシステムが担っており、私たちの治療行為はその手助けでしかできないです。私たちの祖先が何万年もかけて備えた、「自然治癒力」という優れた機能の邪魔をしないようまた、私達形成外科医が持つ再建外科の技術が行き過ぎたものにならないよう肝に銘じておきます。形成外科は、再建外科技術と自然治癒力の釣り合いがよく保って、可能な限り、体が本来の姿に戻ることを目指しています。
[PR]

by osakajotorc | 2018-10-22 11:03 | 卓話

2018年10月5日 経済と地域社会の発展月間卓話 社会奉仕委員会 福山 信也委員長

「社会奉仕活動報告」

「2016年手続要覧」には、「3. 奉仕の第三部門である社会奉仕は、クラブの所在地域または行政区域内に居住する人々の生活の質を高めるために、時には他と協力しながら、会員が行うさまざまな取り組みから成るものである。」とされており、大阪城東RCの社会奉仕部門の活動も、この定義に基づいて、設立時の1974年度に開始した大阪成城工業高校(当時の呼称)勤労学生表彰、1982年から、ライトハウスチャリティーコンサート協賛などが行われています。本年度3回目の取り組みとなった城東まつりへの出店では、成城高校の勤労学生が参加され、応援に来られていた先生から「生徒たちにとって、積極的に地域の人々にかかわる貴重な体験ができました」とのお礼のメッセージをいただきました。また、チャリティーコンサートでは、菫中学吹奏楽部が、東京芸大学長の澤先生の指揮のもと、千里フィルとの合同演奏を行い、生徒の皆さんには得難い体験となりました。これを契機に将来、世界へ羽ばたく音楽家が生まれたら、とても嬉しいですね。
さて、「経済と地域社会の発展」月間について、10月号のガバナー月信で山本ガバナーがまとめておられますので、以下に引用させていただきます。
 (以下引用)
「経済と地域社会の発展」は、一言で言えば貧困の撲滅です。世界で未だ貧困の解消が切実な問題であるということを、我々ロータリアンは今一度認識する必要があります。貧困は、失業、不完全雇用、ビジネスの機会・職業研修・社会保障の欠如が原因とされています。人びとが健康で安全な生活を送るための重要な手段が「働くこと」であり、貧困を減らすには雇用機会の創出と収入源の確保が必須です。(引用終わり)
人々を支援し、貧困を撲滅するために、グローバル補助金を活用した取り組みが進んでいます。卓話では一部を紹介しましたが、MyRotary(https://www.rotary.org/ja)⇒活動分野⇒概要と進んでいただくと、重点6分野の活動が閲覧できます。MyRotaryにログインするとロータリーショウケースで世界のクラブの活動が日本語で閲覧できます。また、添付ファイルにも活動の紹介や動画のリンクがあります。お楽しみください。
[PR]

by osakajotorc | 2018-10-19 10:19 | 卓話

2018年9月28日 卓話担当:岡本 浩会員

「ボランティアとは~夢や願いを共有する仲間との出会いを求めて~」
社会福祉法人大阪ボランティア協会 事務局長 永井 美佳様

大阪ボランティア協会は、14人の有給職員と113人のボランティアで、地域や社会の問題が解決していくように、ボランティアを求める人としたい人をつないでいます。またNPOの運営のご相談や企業の地域貢献・社会貢献のご相談にのっています。ボランティア活動は実に様々です。子どもの遊び相手、高齢者や障害をもった方への外出介助、日本で暮らす外国人の方の支援、海外の紛争地域の支援など。ボランティアは、「させられるのではなく喜んでする」という意味の言葉が由来です。「自発性、社会性、無償制」。「やる気、手直し、手弁当」とも言いますね。崇高な犠牲的精神ではなく、ちょっとした気づきから始まります。たとえば災害時、現地に復旧作業に駆けつけるのも義援金を送るのも、野良猫・犬の殺処分に心が痛んで里親探しをするのもボランタリーな精神によるものです。「ほっとけない」と思い、何かできないかと考え、「この指止まれ」で仲間が何人かでも集まったら活動が始まります。思い立ったら始められる。誰かにやらされることではなく、誰かに許可を取る必要もない。また役割が終わったらやめられる自由な活動です。
ロータリアンは「傍観者でなく自ら行動する責任がある」とあり、ボランティアの精神と共通するものがあるんだと感銘しました。 私は「共生」という考え方を大切にしています。例えば路上生活者の人に対し、自業自得で助ける必要はないという考え方が「排斥」。我々と同じように君たちも努力すべきだというのが「同化」。支援は必要だけど別の人がやればよいというのが「棲み分け」。当事者の置かれている状況を理解し自分事として捉え行動するのが「共生」です。「ビッグイシュー」という雑誌の路上販売を見かけたことはありますか。路上生活者に仕事を作り、再チャレンジを応援する社会的企業の取組みです。株式会社がよい雑誌を作り、路上生活から抜け出したい人がその雑誌を売り、共に生きる共生社会を目指します。ある調査で、ボランティア活動に興味があるとの回答が6割、でも実際に活動した人は23%でした。まだ活動の魅力が伝えきれていないと思います。ボランティアは、出会いや気づき、学びがあり、他で得られぬ体験があります。さらには生き方を見つめ直し、自分の可能性を開いてくれる扉です。ボランティアに関わりたい人をもっと増やし、もっと活躍できる社会にしていくことが私たちの使命だと思っています。
[PR]

by osakajotorc | 2018-10-05 14:49 | 卓話

2018年9月21日 卓話:西中 元会員

「銀行と不動産」

・住友銀行11年間(生野、守口、千林3カ店)
・生野支店 
  定期預金1年、窓口3カ月の間、3回出納事故をおこし外回りに配属された。中央卸売東部市場(東住吉  区)仲買人20社サブリーダーとして2年間担当。初荷(1月4月)で20社より祝酒を飲まされ、その後集金。  ふらふらになった。
・守口支店
  外回り旭区担当 千林商店街400軒取引獲得に活力する。住友クレジット加盟店新規申し込み、入会金3 万を0にし、2ヵ月間で100件獲得に成功する。1件300万円無担保「保証協会保証」融資で100件、合計  3億融資に成功する。
・千林支店 
  昭和45年4月新規開店する。1年間預金獲得目標10億(定期5億、流動性預金5億)とし、貸金も10億と する。昭和45年、46年、47年度3年間上記目標達成する。昭和47年秋、都市銀行セミナー各銀行2人25、計50人、住友銀行代表(関西地区代表)として参加する。1週間50人と話し合い、いい勉強になった。48年4月から40日間、中・小懇セミナー、住友銀行全国から50人で研修した。企業(メーカー)に行き、将来性・業・労働組合・人事の選定等、聞き取り調査した。最後の発表をし、まとめた。帰りの新幹線の中で、なっても支長、それより「お山の大将」になりたいと思い、昭和48年7月依願退職する。
・昭和48年7月~49年12月不動産会社で勉強し取引主任者資格をとり昭和50年1月資本金300万円で 独立した。
・昭和50年1月~57年、7年間、仲介1本で業績をのばした。
・昭和57年、K建設社長に、いつまでも仲介では「財をなさん」と言われ、賃貸マンション経営にのりだしまし た。年間家賃収入1億円を目標に、土地を買い、建物をたて、銀行に借金し、昭和62年に家賃収入1億円を 達成した。しかし昭和62年1月に「総量規制」が橋本大蔵大臣(当時)より発表された。不動産はすごいスピードで値下がりした。三菱銀行10億円、住友銀行10億、野村ファイナンス10億、計30億になっていた (借入)。三菱銀行10億、担保物件5億売却したが、5億と利息他、計6億無担保債権が残ったが債権放棄 してくれた。
・住友銀行10億 担保物件6億で売却し、4億無担保債権がでた。債権譲渡した。請求はこない。安心してほ しいと言われた。
・野村ファイナンス10億 10億がリーマンブラザーズに債権譲渡され「ハゲタカ」リーマンと対法した。 担保物件4億売り、6億無担保債権が残った。「1億でどうや」と、言われたが断り、1年間隠し財産があると 思われ苦労した。1年後「1億を6千万円でどうだ」と、言われたが、即座に3千万円なら払うといい、30分後リーマから承諾された。
以上でバブルは終了した。(平成10年 8年かかった)平成12年より収益マンションを買いだした。 現在、12棟210室所有している。
・賃貸業者を大事にする。手数料3カ月分(18万位)渡す。小使い5千円。
・賃貸保証会社2社(日本セーフティ・全保連)を利用することにより家賃滞納はなくなった。
・空室率3~4%で推移している。
(まとめ)
・キャッシュフローを主にした経営を行う
・B/S(貸借対照表)・P/L(損益計算書)では利益はでているが、金繰りうまい事いかず。倒産(黒字倒産)→ 2代目おおい→経営があまい、数字に弱い
・銀行は本当に金がいる時は貸さない
・金もうけは本職でやる
・遊ぶのはいいが遊び人にはなってはいけない
・時間をきめて遊ぶ
・2代目に身内(息子・娘)に任せるのはいいが、まかせっきりはダメである
[PR]

by osakajotorc | 2018-09-28 15:20 | 卓話

2018年9月14日 卓話担当:西垣 保宏会員

「東洋医学は気の医学」
片岡鍼灸整骨院 片岡 聡様


「東洋医学とはなにか?」
西洋医学に無くて東洋医学にある概念は、気という存在です。気を中心に万物全てを考えようとしたのが、東洋医学です。はたして、気とはなんなのか?気は目に見えない分、ややこしくて、つかみ難くて説明がしがたい物ですが、意外にどんな方でも気は普段から何となく理解はしているものなのです。
「気の陰陽」
気は陰と陽の大きく2つに分けることが出来ます。陰陽とは、宇宙の万物全てが気の集合体と考えたとき、気をそう反する2極に分けたものを陰陽としました。太陽を陽とすれば、陰は月。男を陽とすれば、陰は女。春を陽とすれば、陰は秋。人間を陽とすれば、陰は植物。身体を陽とすれば、陰は心というふうになります。ですから、陰陽どちらも大切で、どちらが優位であるということはなく、陽は陰を大切にし、陰は陽を大切にすることで、バランスのいい状態が保つ事が出来ます。もし、お互いが大切にしていない時、陰陽のバランスが崩れて元気が崩れていきます。これが病気の始まりです。この病気になる前に防ぐ方法があります。東洋医学が最も得意としている未病という考え方です。
「未病とは」
未病とは、未だ病にならずという段階です。このまま放置しておくと病気になってしまうという段階です。この段階の時に食事でなんとか元気を取り戻そうというのです。
「気はどこで作られているのか?」
気は生まれたときから持っている先天の気と、生まれてから食事で取り込む後天の気に分かれます。先天の気は、腎臓で作られて、後天の気は胃で作られていると考えられています。ですから、胃で作られた気で健康が左右されますので、食事はとても大切なのです。
気の成り立ちを理解し、気の無駄遣いを防げば健康はいつでも保てるものなのです。
気のお話が皆さんの健康寿命にお役に立てれば幸いです。
[PR]

by osakajotorc | 2018-09-21 15:39 | 卓話

2018年9月7日 ロータリーの友月間卓話 雑誌・会報委員会 吉井 朋子委員長

「ロータリーの友~原点を求めて~」

雑誌会報委員会として、今日は卓話を担当させていただきます。今日、こちらに出かける直前まで書いていた原稿を、事務所に置いてきてしまい、お話しようと思っていた内容を思い出しながらお話させていただきます。
委員長を引き受けて、初めて、ロータリーの中で、雑誌会報委員会がどのような役割を担っているのかを知り、色々と慌てて、そして、今までの皆様の活動に感謝することから始まりましたが、皆様に支えていただきながら、なんとか2か月が終わりました。「ロータリーの友」を皆様に読んでいただく役割がこの委員会の役割だということ、また、そもそも論として、ロータリアンは「ロータリーの友」を読まなければいけないということを、この卓話のお話をいただいたことで初めて知り、お恥ずかしい話ですが、初めて「ロータリーの友」について調べました。黒松幹事に「ロータリーの友の手引書」の存在を教えていただき、端から端まで読んで、みなさんにお伝えしておいた方がいいであろう情報を色々原稿に書いていたのですが、原稿を忘れてしまい、きちんとお伝えすることができなくなってしまいました。調べていて、一番私の心に残ったことは、RIが発行している機関誌が「The Rotarian」で、RIが地域雑誌として認定したものが「ロータリーの友」だということ。ロータリーが世界とつながっている国際組織であるということを今更ながら感じました。また、地域雑誌は、全世界で32誌あり、日本語という日本人しか使わない言語で書かれた地域雑誌である「ロータリーの友」が、その地域雑誌の中で、発行部数が2位だということに、日本人魂がくすぐられました。地域雑誌で発行部数1位は、ヒンディー語で書かれた「ROTARY NEWS」でした。
今週は、関西も台風21号で大きな被害を受けました。北海道では大きな地震も発生し、私の専門性では、今、まさに困っている人を何も助けることができない現実に、とても心を痛めていたのです。しかし、私の専門性でもって今できることを一生懸命することで、少しでも経済を支えていこうと誓って、心を落ち着かせました。
ロータリーの活動は、「心」と「時間」と「お金」に余裕がなければ続けていくことが難しい活動だと思います。「時間」は「心」に余裕があれば、つくることは可能かもしれません。私自身、今までの自分を振り返ると「心」に余裕がない状態で活動を続けていました。それでも、皆様があたたかく見守ってくださったので、今、ここにいます。誰でも「心」に余裕がない時期はあります。どうか、城東ロータリーの皆様が、「心」の余裕について理解ある環境を、これからもつくり続けていっていただきたいと思います。雑誌会報委員会とは少しはなれた話になってしまいました。原稿を忘れたことで、本当につたない卓話になってしまい、申し訳ございません。ありがとうございました。
[PR]

by osakajotorc | 2018-09-21 15:37 | 卓話