人気ブログランキング |

2019年8月30日 座談会 戦略計画委員会 中嶋 進治委員長

「会員増強座談会」

会員増強座談会の趣旨説明
「クラブの現状認識」我クラブは、創立47年目を迎え、会員の高齢化が進んでいる。年齢構成で言うと、実に49%が、66歳以上の会員で占められている。また、在籍年数も、20年以上が38%で、10年未満が26%しかいない。7年~9年は0である。ここに我クラブの問題点、(なかなか若い方が入会しない、又、入会してもすぐに辞めてしまう)がある。近年、退会者の中で、入会5年未満の割合が51,7%にも達する。この問題を認識しながら、本日の座談会を行ってください。
(A・C 合同) Aチーム 有山、細井、川東
Bチーム 大道、柳瀨、佐々木、岸田 (敬称略・順不同)
①どのように勧誘するか
 勧誘成功経験者より  
・女性の勧誘…「ホテルで上質で素敵なランチを」その後またはランチ中に(奉仕・ボランティアの経験談など。)効果ありです。
・男性の勧誘…少々の強引さは必要です。
1年間限定で入会した方  
・そのつもりが15年以上続いた。自身にとって良かった。
②退会防止策
・自分が入ってもらった人達は、短期間で他のクラブやライオンズに行ってしまった。
(城東R.Cそのものの魅力…?)
・「お試し」ではないが、「準会員」的なメンバーの検討は無理か?
・新人への各自からの「声掛け」…過去に嬉しかった記憶が。励行しましょう。
・休みを続けてしまうとついつい出席が億劫になる。簡単には休まないことが一番。
Bチーム 福山、中山、薦田、山本、伊坂、金沢、辻谷、渡辺  (敬称略・順不同)
・増強するにしろ、退会防止を行うにしろ、先ずは現会員が満足できるクラブであることが肝心。
・誰でも誘って良いとは思わない。
・ロータリーの友、8月号16ページの「91歳のロータリアンの会員増強力」と言う記事を参考にしてみては?
・現在2名に声掛けしているが、仕事の関係で例会日時に出席が叶わない。
・ここ近年の退会者を振り返ると例会やイベントにちゃんと出席していた人がやめている。クラブそのものや活動が嫌な訳ではない。
・50周年に50人は、どう考えても無理。そろそろ他クラブとの合併も考えておくべきでは?
・ロータリアンであることが、社会的ステータスで無くなっている。
・誘っても興味を持ってもらえない。
・半額会員などの話があったが、金額の高低は大きな勧誘材料にならないように思う。
・退会防止は、色々と取り組みたい。
Dチーム 中嶋進、中嶋勝、井土、藤田、上西、吉田 (敬称略・順不同)
①どのように勧誘するか
 ・昔なりのロータリークラブのしきたりと若い人のライフスタイルに合った活動とのギャップがあり、価値観が近い人をどのように見つけるかという観点からの検討が必要ではないか。
 ・拡大増強路線は、人口が増加している新興国向けであり、人口減少しているわが国では活動を充実させることで増強を図ることが現実的ではないか。
 ・奉仕団体ではあるが、楽しくないと加入は難しい。先輩が楽しさを伝えていく努力が必要ではないか。
 ・女性の社会参加が拡大している中で、女性をターゲットに会員増強を図り、半数を女性会員とする目標を掲げても良いのではないか。
②退会防止策
 ・入会した会員の大半は、勧誘した会員との人間関係で参加している現状があるが、活動の中で人間関係を構築できれば退会はしない。例会だけ、行事だけではなく、現在企画されている趣味の会、有志の会を活用して、若手会員も発言がし易い環境を作る必要があるのではないか。その意味で、ゴルフは、一日行動を共にして人となりが分かる貴重な機会になっている。

by osakajotorc | 2019-09-09 16:46 | 卓話

   2019年8月30日 会長 佐... >>