2018年6月8日 会長 薦田 光

皆様、今日は。只今、親睦活動月間ですが、同じ興味や情熱を持つ世界中の仲間が集まり交流を深めている「ロータリー親睦活動グループ」の活動を御存知でしょうか。ロータリアン、ロータリアンの家族、ロータリーの学友会なら誰でも参加出来るこのグループは世界中に会員がいるロータリーならではの国際交流の場です。すでに76のグループがあり、日本でも囲碁・ヨット・アマチュア無線のグループの活動が活発です。特にヨットでは身近に大阪湾フリートの活動があり、お世話係も大阪南RCの山田和義会員(090-3283-4373)がなさっています。(ロータリーの友2016年6月の記事参照)楽しみ乍ら自己拡大にもつながりますね。ロータリーの友本年6月号の片山ガバナーの記事「ロータリー親睦活動月間に寄せて」を是非御覧下さい。
さて我国で6月の行事と云えば6月10日の時の記念日に因んで開催される東経135度の子午線上にある明石市の時のウィーク(今年のテーマ 人の個性が調和する個性のまちから未来の扉が開かれる!!)や、天智天皇をまつる大津市の近江神宮の漏刻祭はよく知られています。漏刻(水時計)に関しては日本書紀に天智天皇が皇太子の時に自ら製造し、新しき台に置いて始めて候時を打ち鐘鼓を動かし、始めて漏刻を用いたとあり、日本初の時計が鐘を打った日が6月10日である事からこの日が時の記念日に制定されました。ちなみに日本の暦で6月だけ国民の祝日はありません。時の記念日は勿論祝日ではありませんから休日扱いとはなりません。我ロータリークラブは時を大切にするクラブと躾けられました。遅刻しない(すればニコニコが待っている)。会議は定められた時間内に納める等々。でも例会終了したとたん雲の子を散らす様に姿が消えてしまうのは金曜日の午後はおやすみとしている私にとってはちょっと淋しいですね。

天智天皇御製  “秋の田の刈穂の庵の苫をあらみ  わが衣手は露にぬれつつ”
                                               小倉百人一首1番
芭蕉句碑     “から崎の松は花より朧にて”

御清聴ありがとうございました。
[PR]

by osakajotorc | 2018-06-19 11:47 | 会長インフォメーション

<< 2018年6月8日 卓話:西中...    2018年6月1日 ロータリー... >>