人気ブログランキング |

2017年2月3日 平和と紛争予防/紛争解決月間卓話 国際奉仕委員会 柳瀨 寛之 委員長

平和と紛争予防/紛争解決月間卓話 「国際奉仕よもやま話」

ここのところ、姉妹クラブのタイ国の事情もあり、また、グローバル補助金も採択されずに終わってしまい、当委員会としての活動の方は非常に鈍っております。地区の方で開催されております委員会やセミナーは毎回欠かさず出席しておりますが、そこでいつもご教授下さるのが地区の財団委員長の宮里唯子さんです。「凛とした」女性でいつも大変為になるお話しをして下さいます。先日のお話では、グローバル補助金をゲットすることがクラブのステータスを上げる事といささか勘違いをされているクラブがやや見受けられる。それで後の成果の計測や報告、継続の観察に関して満足できる結果が得られていないクラブもあるとのことです。例えば、実施国で井戸を掘るとして、初年度は良いが、次年度以降のメンテナンスが可能か?直せる人材や部品の調達は可能か?財源は?等々。せっかく補助金で井戸ができても後々継続して使えるのかどうか…と案じておられました。
皆様、話は飛びますが、昨年の「城東まつり」での多くの参加会員を見ても、当クラブには「友愛と団結・結束」すなわち立派な井戸が築かれています。ただ最近この井戸のお水の出が少々少なくなっていますよね…会員減少・増強不振等々です。そこで考えたのがこのたびの「城東R.C伊勢志摩サミット」です。一泊のバス旅行に過ぎませんが今一度皆でクラブの将来のことや、親睦と友情を深める一助になればと思っております。見知らぬ国で井戸をプレゼントすることも大変素敵なことではありますが、クラブの現状を鑑みて「まずはこれから」と考えます。まもなくご参加を募りますので、ぜひともお一人でも多くの方のご参加を心からお待ち申し上げます。ただ、「サミット」というネーミングは、一年前に世界の要人が集まって会議をした同じホテルで一年後のほぼ同じ日に、できる限り同じお料理を、というコンセプトですのでいささか大袈裟なネーミングでは?とも感じておりまして、「フォーラム」とさせて頂こうかとも考えております。
話は変わりまして、3年前に当クラブでお世話を致しましたアメリカからの交換留学生、エミリー・ケイトさんから近況を知らせるお手紙が届きましたので、当時のホスト・ファミリーであられました佐々木会員に読み上げていただきます。(内容略・掲示板に張り出します)皆様、ご静聴ありがとうございました。これからも頑張っていきます。

by osakajotorc | 2017-09-14 17:24 | 卓話

<< 2017年2月10日 卓話 児...    2017年1月27日 戦略計画... >>