2016年11月18日 卓話 井土 賢一 会員

「アグレッシブに生きる」

皆様こんにちは、私は、71歳と8か月になりました。母は100歳!元気です。私の寿命はあと8年と4か月(平均並みに生きるとして)。母は毎日午前中はともかく午後はすることがないと嘆いています。母から見れば私はいつまでも子供で心配で仕方がないようです。母並みに生きると後30年ありますが、それは無理です。が、まだまだやりたい事が沢山あります。株、カジノ、旅行、ゴルフ、事業。株はバクチです。バクチとは“場で朽ち果てる”てら銭(手数料)みんな、てら銭に食われます。
昨日、久しぶりに中谷さんから電話がありました。「投信で損をしている。どうすれば良いか」という相談でした。頑張って何か興味を持ち色々考えるのはよいことだと思います。私は、ノーリスク、ハイリターンをめざしています。時代に応じたスプレッドが生まれます。昔は一つ見つけると2~3年稼げました。今は寿命が短いです。ノーリスクを見つけると楽しい。今、二つあります。ストレスもありますが楽しんでいます。
旅行は楽しいですが、若い頃のような感動は少なくなりました。マカオによく行きます。カジノは大好きです。お金は少しだけ持っていきます。(無くなってもいい位)夢中でバカラをしてます。勝てば嬉しく負ければ悔しい、良いストレス発散です!事業は稼いだお金が少しずつ増えるようにしています。
伊坂会員は素晴らしい人で、会社の先頭に立って頑張っています!行動範囲も広く世界中飛び回って、メガソーラーを売っています。私もあと2~3年やりたいと思います。マンションは増やしません。子供はあまり喜んでいない!現在、株、バクチ、ゴルフ、事業が私の趣味です。アグレッシブに生きます!ゴルフはヘタですが大好きです。両膝人工関節になりました。走れるようになり、医師から手術成功例として講演用にゴルフをしている写真が欲しいと頼まれました。ハンディキャップ23ですが一度クラブ競技で優勝してその写真を使ってもらいたいと思います。ゴルフ仲間の住吉会員、大道会員、岸田会長とのゴルフはとても楽しい!
残りの時間は、私の相場見通しと格言を話します。株価はお金の量と株の量で決まるという考え方。
異次元緩和によって、日経平均8,000円の時100兆円だったマネタリーベースは400兆円になっていますので、本来なら日経平均は3万2000円になっているはずです。事実途中まで(マネタリーベースが昨年280兆円前後まで増える過程では)日経平均はその比率で上がり続けました。ところが現在はそうなっていません。その理由は①2013年に現物・先物で16兆円も先取りで買い越した外国人投資家が、15年16年と11兆円の利益確定売りに出ている。② ①に含まれますが、原油安で日本株のお客さんだったオイルマネーの縮小③ヨーロッパ中央銀行も同じような量的緩和策を取って、日本の政策が相殺されてしまった事。今回の英国のEU離脱で引き締める予定だったイングランド銀行が逆に量的緩和に転じた事④ ③により、ユーロ、ポンド、ドル共に弱含みで、相対的に円高になって日本の企業業績を不安にさせている事⑤その結果、国内で増えるマネタリーベースが投資に回らず銀行や日銀の当座預金に滞留している事これを打開することは難しい。しかし、400兆円を超えた我が国のマネタリーベース(日銀の通貨供給)は、今後も80兆円ペースで増え続けます。来年度にはGDPをこえます!異次元バブルの発生もあるかも!!
日銀のETFの買いが、日経平均からTOPXに変わりました。相場の質が変化しています。相場は難しい。失敗もたくさんあります。JOホールディングスを買い上げましたが倒産してしまいました。最近は、価値開発が思うように上がらず、あげくのはてに売買単価を1,000円から100株に引き下げられました。NUTSが第3者割り当て2000万株の情報を無視して買わないと、80円から140円に上がってしまった事。株は難しい。相場格言を肝に銘じます。
[PR]

by osakajotorc | 2017-09-14 16:59 | 卓話

<< 2016年11月25日 卓話 ...    2016年11月11日 卓話 ... >>