人気ブログランキング | 話題のタグを見る

2016年4月22日 IM家原企画部会長  IM杉野企画副部会長

八潮ロータリークラブ 元RI会長 田中作次氏表敬訪問日記

訪問日は平成28年4月19日火曜日。訪問先は、八潮RC例会会場、埼玉県八潮市中央1-15-11、崎玉県信用金庫八潮支店2階会議室です。埼玉県八潮市の概要を説明致します。地図で見ますと、東京駅より北北東に位置をします。八潮市は埼玉県の東南部にある人口約8万6千の市であります。東京都特別区部への通勤率は27.9%(平成22年国勢調査)、隣接地域は埼玉県草加市、三郷市 東京都葛飾区、足立区があります。東京駅より京浜東北線で(約3分)秋葉原駅を乗り継いでつくばエキスプレスに乗り換え(約20分)で到着します。
ここで、八潮RCのご紹介です。国際R2770地区9グループに所属します。創立41年目のクラブ。現在会員数は42名です。今回の訪問目的は 平成29年3月4日(土)当クラブがホストを務めます、IMでのご講師を、元RI会長田中作次氏 に打診を致しましたところ、快くお受け頂きました、そのお礼とIMプログラムの構成にあたり、ご意見を頂戴いたしたく、訪問を致した次第です。ここで、田中作次氏のご紹介をさせて頂きます。RIニュース(8月10日)よりの記事をご紹介します。
【田中作次氏、2012-13年度RI会長に】
田中作次氏は日本人で、30年ぶり、3人目のRI会長に挑戦されました。1939年昭和14年2月4日生まれ。現在77歳。埼玉県、八潮(やしお)ロータリー・クラブ会員の田中作次氏が、指名委員会により2012-13年度の国際ロータリー会長に選出されました。対抗候補者がいない場合、同氏は10月1日に会長ノミニーとなります。ロータリーが「地域を発展させる原動力として、活気のある活動を続けていく」姿を見届けていきたい、と田中氏は述べます。そのような活動を展開していくためにも、積極的で、活動に夢中になれるクラブをロータリーは必要とすると同氏は付け加えます。「活気を持って、行動をとって変化に対応できる強力なクラブづくりを支援する、修正されたRI長期計画があることは幸いです。」田中氏が代表取締役を32年間務めた家庭紙卸売業の株式会社タナカは、1995年に株式公開した後、日用品雑貨卸売販売業者の株式会社ダイカと合併しました。現在、八潮市商工会の副会長である同氏は、その後、商圏を全国展開するために再度合併した株式会社あらたの相談役を務めています。また、ビジネス経営を専門に学び、全国家庭紙同業会連合会の会長任務を8年間務められました。ロータリー財団管理委員として、田中氏は2009年バーミンガム国際大会委員会の委員長を務められました。ロータリーに関するその他の任務として、RI理事、ロータリー財団地域コーディネーター、地区ガバナーとして活躍されたほか、ポリオ撲滅提唱グループ、恒久基金委員会、未来の夢委員会の委員を務められました。
ロータリー平和フェローシップ基金を設立し田中氏は、京子夫人とともに、ポール・ハリス・フェロー、恒久基金ベネファクター、大口寄付者となっています。
受賞経歴として、同氏は超我の奉仕賞、ロータリー財団の特別功労賞を受賞されました。
ポリオを撲滅することは「私たちが世界の子供たちへの約束を果たすこと」であると田中氏は言い、「近い将来に撲滅が成功を遂げる事は間違いない」と述べます。
田中氏と京子夫人には、3人のお子さんと5人のお孫さんがいます。

*例会訪問終了後、→田中氏のご厚意で「田中作次資料館」を訪問する。

by osakajotorc | 2016-06-21 15:41 | 卓話

<< 2016年5月13日 青少年奉...    2016年4月15日 高山 剛和会員 >>