2015年6月12日 卓話 井土 賢一会員

卓話「マーケットは友達」

皆様こんにちは二年ぶりの卓話になると思います。ロータリーに入会して13年、ここから見てもずいぶん顔ぶれが変りました。
当然、入会時は全員の皆様が先輩で、話をするのも緊張しました。今では先輩より後輩の方々が多くなりました。
私も今年70歳になり、住吉会員と常々「健康寿命はあと10年 元気で楽しい人生を過ごそう!」と話しています。
会長の時は卓話で株の話をしました。現在も株 マーケットを友とし、楽しく向き合っています。結果がすべての世界です。表と裏 光と影 本音と建前 色々面白いです。振り返ってみますと、50年前も今も相場は同じです。1989年はPER62倍 2015年現在17倍台です。当時は未来に向けて大きな希望があり日本マネーが世界を支配する勢いでした。現在はデフレ進行、 人口減少、高齢化社会等々、閉塞感がありますが、アベノミクスの効果によりマーケットは力強く上昇しています。私の投資の原点となっている相場の格言を話したいと思います。
1、上がる時の買いの格言
もちあい離れにつけ
エネルギー貯めて爆走(チャンスの予感)
景気の主役につけ     
マーケットリーダーさがして
スキンシップ
頭とシッポはくれてやれ 
 底値で買って高値で売ろうは理想論。
腹八分目の売買で堅実に賭けよう!
2、利をつかむ売りの格言
①買いたくない持ち株は売れ    
買値に関係なく、今自分が買いたくなければ売る。
②利食い腰は強く 引かれ腰は弱く 
値上がり始めた時はすぐに売らず、さらに値上がりを待ち大きく利益を伸ばし売るべし。引かれ腰とは、思いに反して下がり始めるといつか上がると思い、持ち続けるとますます下がり、うるに売れなくなる。早めに売り損を確定し次のチャンスに備える。証券会社からアンデスの塩をプレゼントされてもうれしくない。
③天上三日で底値百日   
株価は高値を付けている時間は短く結構底値は長い。但し(天井は4日後でないとわからない)
3、売買のタイミングを計る格言
①人の行く裏に道あり花の山 いずれを行くも散らぬ間に行け
   みんなと同じことをしていては、大きな成功を収められない。
   但し、どの道を行っても散ってからでは遅い!
②噂で買い事実で売る 
 噂で買い発表で売る。
③上昇に転じた相場は上昇を続け下落に転じた相場は下落を続ける。
④政策に売りなし
政策が正しいか正しくないか考える必 要は投資家には関係なく、政策が出された以上国策に逆らわずそれに沿って動きます。投資家としてそれが正しいかどうかより株価にどう影響しどの銘柄が上がりどの銘柄が上がらないかの判断です。
⑤株式投資は美人投票と同じ  
自分が美人だと思う人に投票するな。皆が美人だと思う人に投票すべし。
⑥運は陽気なところを好む 笑って暮らせ  笑いが絶えない家庭なら幸運は招かなくてもやってきます。陽気な家庭には貧乏神は立ち寄りません。愚痴や不平を言わないで家族の気持ちがそろってこそ成功をつかめます。
[PR]

by osakajotorc | 2015-08-19 11:14 | 卓話

<< 2015年6月19日 卓話 角...    2015年6月5日 ロータリー... >>