カテゴリ:会長インフォメーション( 208 )

2018年2月9日 会長 薦田 光

皆様、今日は。本日11時30分に次年度IM新3組の丹羽ガバナー補佐の御訪問があり、大阪東RC・大阪城東RC・大阪城北RC・大阪鶴見RCの4クラブが新3組となるとの説明がありました。本日の卓話ゲスト大阪中之島RC会員、医学博士、戸田整形外科リウマチ科クリニック院長の戸田佳孝様、今日の卓話楽しみに拝聴させて頂きます。又、御友人の大阪中之島RCの吉田様、下岡様、そして大阪天満橋RCの高松様、どうぞごゆっくり御歓談下さいませ。米山奨学生のライ君、今日も元気なお顔を見せて下さいました。どうぞごゆっくりなさって下さい。研究室に帰っては形成医学の研究にしっかり励んで下さい。
さて節分も立春も過ぎましたが、節分冬中の言葉通り、大寒波が押し寄せています。一昨日散歩途中に木蓮(辛夷かも)の白い花がほころびかけているのに出会って、ちょっとほっとして、春はもうすぐと感じた次第です。皆様「恵方巻」の丸齧りは如何でしたか? 2月6日の民放で未使用の具や売れ残った大量の巻寿しが惜し気もなく粉砕機に掛けられ家畜の飼料や肥料に処理されているのを見て、草の根、木の葉っぱ、油をしぼった後の豆かす、何でも食べさせられた、又は食べねば生きてゆけなかった時代に子供時代を過した私は何と言う食材に対する冒涜かとただただ唖然としました。何ともやりきれない思いでした。何と日本は飽食の時代か、戦禍であるいは貧困で世界中に飢えている人々、子供達が何百万といると云うのに。又若い層が多数被害(自業自得)を被ったコインチェック取引所の仮想通貨流失事件。これも労なくして一攫千金を夢見た結果ではないでしょうか。赤い薔薇には棘がある、甘い話には乗るなと父母から教えられました。前者はマスコミに煽られた売らんかなの汚れた商魂…。売れたら何でもよい、余ったら捨てればよい、など商人の風上にもおけない風潮。食材の元となった動植物が泣いていますよ。私達日本人は物を大切にする。若い時は真面目に働いて無駄遣いをせず貯蓄に励み、長じて余裕が出来ればその幾許かを世の為人の為に使う様にと父母から教えられました。こうした美徳は何処へ行ったのでしょう。以上は恵方巻の後日談です。
次に去る2月2日夕刻よりパスト会長会を開催させて頂きました。貴重な御意見を多数頂きましたので、会員皆様の御協力を頂き乍ら、今後のクラブ運営に反映させて頂き度いと存じます。以下に貴重な御意見を列挙して会長インフォメーションと致します。
1.パスト会長会にはクラブ運営の継続性の観点より会長エレクトの出席が望ましい。
2.無任所理事として直前会長及び当クラブの歴史を熟知しているパスト会長の中より1名が必要ではないか!
3.当クラブのルーツ、あるいは在り方が少しずれている感じがする。品格ある城東ロータリーを取り戻すように。
4.パスト会長会を期内の適切な時期に開催する事を理事会で決めては如何。
5.増強が大切。会員が50人切れるとおかしな会になる。
6.パスト会長も増強に務めよう。
7.クラブの運営は予算内で執行すること。
8.メール・ファックスの重複など気をつけ、経費節減に心がける事。
9.経験豊かなパスト会長はもっと積極的に教えるべきです。
10.  理事会の議事録を配布して会員全員がクラブが何をしているか理解出来る様にすることが大事ではないか。
以上です。御清聴有難度うございました。
[PR]

by osakajotorc | 2018-02-20 14:01 | 会長インフォメーション

2018年2月2日 会長 薦田 光

皆様、今日は。本日、卓話ゲストとしてお越し下さいました地区国際奉仕委員会副委員長の宮崎正人様、どうぞごゆっくり御歓談下さいませ。又、後程卓話拝聴させて頂きます。
さて明日2月3日は節分です。節分の行事として豆まきと柊鰯に恵方巻も加わって邪鬼を払い福を呼び寄せるとか。今年の恵方は南南東、南南東に向って目をつむり無言で願い事を唱え、太巻寿しを一気に丸齧りして食べる…喉につまらせない様に御用心!!又、2月は「平和と紛争予防/紛争解決月間」です。ロータリーの友2月号には戦争の齎す悲惨な災禍が掲載されています。最近の世界情勢も予断を許しません。戦争は絶対してはならないし、起ってもいけません。しかし起るかもしれません。ただ2012-2013年度RI会長田中作次氏のその時のテーマ“奉仕を通じて平和を”は世界平和の構築を目的とする私達ロータリアンにとっては大変示唆に富んだものであります。そのメッセージは”青少年交換が平和を築く”です。(ロータリーの友2013年3月号)青少年奉仕部門のインターアクト、ローターアクト、ロータリー青少年指導者養成プログラム(RYLA)などのプログラムのほか、30才までの若者を対象としたクラブや地区の活動が含まれている事は御承知の通りですが、その他にも米山奨学生や青少年交換プログラムでのホームステイなど国境を越えての若者の交流がやがて文化や思想信条が違っても平和と言う結実をもたらす事でしょう。時間がかかりますが『若者に力を注ぐことで、ロータリーの未来と、より平和な世界を築くことができます。青少年を支援する事で新たな世代にロータリーを引き継ぐことが出来ます。また国境や文化の壁を超えた理解の輪が広がります。私たちは支援の手を差し伸べることの大切さを教え、ロータリーの中核となる価値観を伝承する事ができるでしょう。このようにして、私たちは平和の構築を支援しています。青少年交換は、一つひとつの交換を通して国と国との関係を育み、平和な世界を築くというロータリーの世界的使命の本質的な要素を担っています。』の氏のメッセージを引用させて頂き、会長インフォメーションにかえさせて頂きます。
明日は節分、でも節分冬中とも申します。インフルエンザに気をつけましょう。鬼は外、鬼は外!!福は内、福は内!!御清聴有難度うございました。
[PR]

by osakajotorc | 2018-02-14 16:01 | 会長インフォメーション

2018年1月26日 会長 薦田 光


皆様、今日は。門真ロータリークラブの西川亮彦様ようこそいらっしゃいました。ごゆっくり御歓談下さいませ。
先週例会後の楽しいプラス1の職場見学、情報集会、柳瀬委員長、細井委員長はじめ委員の皆様方、御苦労様でした。そして楽しい時間を有難とう御座居ました。
さて本日は、カ行の「コ」で始まる観光対象第10話についてお話させて頂きます。世界遺産紀伊山地の霊場と山詣道に登録されている「高野山」は和歌山県伊都郡高野町にある周囲を1000m級の山々に囲まれた標高約800mの盆地にあり、平安時代の弘仁7年(816年)に嵯峨天皇から空海(弘法大師)に下賜され、修禅の道場として開いた日本仏教における聖地の1つです。高野山真言宗総本山金剛峯寺は高野山の山号をもっています。現在は「壇上(場)伽藍」と呼ばれる根本道場を中心とする宗教都市を形成しています。天然温泉を備えた宿坊(福智院)もあり、数あるお土産の中でも高野豆腐・胡麻豆腐(原材料はゴマと本葛粉)は昔から有名で、特に胡麻豆腐は各地に類似品がありますから御注意下さい。創業百数十年になる濱田屋は有名です。胡麻豆腐の製造工程で般若心経1巻と大師宝号3遍をお唱えしているそうです。お経を唱え乍らの胡麻豆腐つくりなんて流石高野山ならではですね。続いては、「さぬきのこんぴらさん」(香川県仲多度郡琴平町)の呼び名で親しまれている金刀比羅宮のハイライト。象頭山の中腹に鎮座し、古来より海の神様・五穀豊穣・大漁祈願・商売繁盛など広範な神様として全国津々浦々より、善男善女の信仰をあつめて来ました。御本宮まで続く石段は785段、奥社までの合計は1368段も。山道から奥社までの石段沿いには大門、五人百姓、書院(国重要文化財)など由緒ある建造物が点在しています。又、旧金毘羅大芝居は金刀比羅宮門前町にある、現存する中では日本最古天保6年(1835年)の芝居小屋で、別名「金丸座」とも呼ばれ国の重要文化財の指定を受けています。1985年(昭和60年)から始った「第34回四国こんぴら歌舞伎大芝居」は瀬戸大橋開通30周年を記念して2018年4月7日(土)~22日(日)開催されます。チケットの発売は2月25日(日)10時からです。又、今年は戌年、いぬに因んで「こんぴら狗」について少し。犬のこんぴら参りとは飼い主に代わって「こんぴら参り」と記した袋を首にかけた犬が「こんぴらさん」に代参することがありました。袋には飼主を記した木札、初穂料、道中の食費などが入っていました。犬は旅人から旅人へと連れられ街道筋の人々に世話をされ金毘羅大権現へたどりつき立派に務めを果たせたのも、のどかな良い風習があった良い時代だったのですね。この様な代参を果たした犬は特に「こんぴら狗」と呼ばれました。金毘羅大権現への代参で有名なのが「森の石松」です。清水次郎長(山本長五郎)の代わりに参拝し、預かった刀を奉納したと伝えられています。それでは「江戸っ子だってねぇ」「神田の生れよ」「食いねえ食いねえすし食いねえ」~広沢虎造(先代)石松代参三十石船のさわりで終ります。御清聴有難度うございました。
[PR]

by osakajotorc | 2018-02-06 12:22 | 会長インフォメーション

2018年1月19日 会長 薦田 光

皆様、今日は。ライ君ようこそいらっしゃいました。テーブルの皆様とごゆっくり御歓談下さい。
本日は職業奉仕月間第2例会となります。又例会後は職業奉仕委員会提案の「職場見学会」と出席・親睦活動委員会主催の「夜間情報集会」が開催されます。その事も踏まえて前回に引き続き職業奉仕について少しお話させて頂きます。ロータリーの友1月号7頁-15頁ロータリアン職業奉仕を語るの中で、元RI理事松宮剛氏の“職業奉仕について考える”は夏目漱石の講演やE.F.シューマッハーの著作「宴のあとの経済学」の引用文で次の様に述べておられます。漱石の結論「自分のためにすることは、すなわち人のためにすることだ」「人のためにする仕事の分量が少なければ少ないほど、自分のためにはならない結果が生ずるのは自然の理です。これに反して、人のためになる仕事を余計すればするほど、それだけ己のためになるのは明らかな因縁である」と。これってロータリーの公式標語“One Profits Most Who Serves Best”と同じですよね。職業というものは、結局他人のニーズに合わせなければその人のためになっていないことから、必然的に「他人本位」に根本の義を置かなければならない。「職業というものは、元々、受け手の側に必要でかつ適切かどうかに関する主導権がある」ということです。そして受け手のさまざまな必要性に対応する事としていろいろな職業が生れてきたと説明されています。そして「良い仕事」のあり方について、前のE.F.シューマッハーの著作中に拠って「誰であれその人生の中心となっているのは労働であり仕事である」「この世に生を受けた人間は、ただ単に生きるためだけでなく、自己の完成を目指して働くべきである」そして「いかなる能力を授かろうとも、それをお互いのために使わなくてはならない」というものです。そして氏は「職業奉仕」の本質的な解釈として「職業という奉仕」あるいは「職業は奉仕である」-職業は元来他人のためにあり、それによりよく応えていくものだという考え方を是が非でも採りたいのです。つまり私の考える「奉仕の理念(理想)The Ideal of Service」、「サービスという考え方」をそのまま職業に適用したいのです。・・と述べられています。職業は自己を利するもの、奉仕は他を利するもの、利己と利他の相反する概念ではありますが、ロータリー精神から考えると、「職業」と「奉仕」は二つの単語ではなくて、「職業奉仕」と言う1つの熟語として捉えれば、何となく「職業=奉仕」を分った様な気がして来たのですが、皆様は如何でしょうか?是非ロータリーの友1月号「職業奉仕について考える」を読み、職業奉仕についてそして“ロータリーの親睦こそが「職業奉仕」を自覚させる”とロータリアンとして自覚すべき5つの原則をあげて述べられている職業奉仕と親睦についても理解を深めて頂ければと切に願います。御清聴有難度うございました。
[PR]

by osakajotorc | 2018-01-31 15:01 | 会長インフォメーション

2018年1月12日 会長 薦田 光

皆様、新年明けましておめでとうございます。
今年は干支では戊戌(つちのえいぬ)の年に当り、なかなか景気の良い年と云われています。それかあらぬか2018年の発会後の株価は3連続26年2ヶ月振りの高値で上昇中(1/10産経平均株価は大発会の3営業日で計1085円05銭上昇)との事です。私達職業人であるロータリアンにとっては嬉しい事です。景気が良くなり商売繁昌すれば儲けは貪らずその一部はロータリーに奉仕する良き循環となります。そこで60年前の戊戌年(昭和33年)はどの様な年だったのか振り返ってみますと、333mの東京タワー建設、国立競技場建設、関門トンネル開通、1万円札の発行、車では富士重工のスバル360発売、日清食品のインスタントラーメンの開発、王貞治投手として巨人入団(野球ブーム)、売春防止法成立で女性の権利など社会変化、何より明るい嬉しいビックニュースは皇太子と美智子様の御婚約でミッチーブーム(今年60年目の節目に御退位表明であっと云う間の60年)。とかなり良い年であったと思います。ただ戊戌は土のエネルギーを持つと云われ、土の持つ特性で自然災害もありました。それは伊豆半島の狩野川台風です。死者・不明者合わせて1269名の災害でした。今年も自然災害に備えましょう。備えあれば憂いなしです。
さて、今月は「職業奉仕月間」です。ロータリー手帳の巻頭のロータリーの目的第2、職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにすること。とあります。昨年の日本企業を代表する製造業や建設業などで偽装や談合等の事件を思い出し、私達中小零細企業のオーナーがロータリー精神で頑張っているのに大企業の職業倫理が欠けている様で大変残念に思いました。2017-2018年度ロータリー関連資料P3-4職業奉仕の項も併せてお読み頂き職業奉仕の御理解を深めて頂き度いと存じます。
新しく中嶋会員・西中会員をお迎えして賑やかになり何かしら明るい兆が見えて来ました。本年がどの様な年になるのかではなくてどの様な年にするのか、私達一人一人がロータリアンである事に誇りを持って、ロータリー生活を楽しみ乍ら変化してゆきましょう。魅力的なロータリアンへ、魅力あふれる大阪城東ロータリークラブへ、そしてワンダフルな年となります様に。御清聴有難うございました。
[PR]

by osakajotorc | 2018-01-23 11:14 | 会長インフォメーション

2017年12月8日 会長 薦田 光

皆様、今日は。ゲストとしてお出で下さった地区社会奉仕委員会からおいでの大阪城北RCの森垣佳子様、献血に関するPRを拝聴致します。どうぞよろしくお願い致します。ビジターの大阪北RC会員古武敏彦様、ライ君ようこそ。お二人様、どうぞごゆっくり御歓談下さいませ。
本日嬉しいニュースを御報告致します。当クラブ梅本久美子会員が、国際ロータリーのロータリー財団管理委員会よりベネファクターとして認証された旨報告があり、認証状とベネファクターの記章が届きました。おめでとうございます。梅本会員の寄付は国際ロータリーの恒久基金として、元本はそのままで、その運用益のみがロータリーの活動に活用されるので、梅本会員の御氏名と共に元金は永久に保存されることになります。国際ロータリーへの奉仕は永久につづく事になります。誠に名誉な事であります。
その他の報告事項としては、去る10月21日(土)大阪中之島ロータリークラブの創立25周年、12月2日(土)大東ロータリークラブ創立50周年、12月7日(木)大阪天満橋ロータリークラブ創立50周年の各記念式典及び祝賀会に参列致しました。夫々国内外での活発な業蹟が発表され、今更乍ら世界で良い事をしているロータリーの輝かしい歴史とその重みを感じた次第です。又私の祝賀の席はメイン又は準メインテーブルで、我クラブの地区内での立ち位置の重みも実感致しました。我クラブも今期2018年4月27日45周年記念日を迎える事になります。創立45周年実行委員会有山委員長もと、準備が粛々と進められて居ります。テーマは“啐啄同時”“新しい会員と経験豊富な会員が協力のもと、未来の城東ロータリークラブを支える”です。今月から新しい仲間が2人増え、誠に喜ばしい次第です。西中様はクリスマス家族会に出席されます。皆様で温かいお声かけをお願いします。会員増強は“楽しみながら変化しよう”魅力あるクラブへのワンステップ、そして“魅力ある・元気のある・個性のあるクラブ”でありつづけるために、“啐啄同時”、親睦を深め、みんなで協力し合ってこのクラブに何か良い“変化をもたら”しましょう。
-Rotary : Making a Difference- 御清聴有難うございました。
[PR]

by osakajotorc | 2017-12-28 12:58 | 会長インフォメーション

2017年12月1日 会長 薦田 光

皆様、今日は。地区広報・公共イメージ向上委員会委員長 梅原様ようこそお出まし下さいました。後程卓話拝聴させて頂きます。又、ビジターの大阪北RC松本浩一様どうぞごゆっくり御歓談下さいませ。
先週11月24日は秋の彩りを鑑賞する“箕面の滝”と、鮮やかな紅葉の大パノラマの中に点在する勝運・勝ダルマの寺“勝尾寺”の諸仏閣との美しいコントラストに思わず感嘆の吐息が漏れました。夜の夕食会は池田市を除く大大阪を俯瞰する“風の杜”で楽しい親睦会となりました。細井出席・親睦活動委員長はじめ委員会の皆様、又飲料の差し入れ等して下さった会員の皆様、お心遣い有難度うございました。
箕面の滝に因んで本日の観光対象は「ケ」で始まる「華厳の滝」。栃木県日光市にあり日光東照宮と共によく知られています。仏教経典の1つである華厳経から名付けられたと云われています。中禅寺湖の97mの岩壁を一気に落下する様は、紅葉の季節特に素晴らしい。エレベーターで観瀑台へ、そこからの眺めは壮大。日本三名瀑は一般には日光の「華厳の滝」・熊野の「那智の滝」・奥久慈の「袋田の滝」の三滝の事を云う様ですが、華厳と那智の2つは不動ですが後の1つは“お祭り”がそうであります様に我田引水、お国自慢で色々の様です。私はこの日本三滝は征服していますが、世界の三大滝は北アメリカ大陸のナイアガラの滝・南アメリカ大陸のイグアスの滝・アフリカ大陸のヴィクトリアの滝と云われ、最後のヴィクトリアの滝は残念乍ら機会を失して未だ観ておりません。国情が悪いので、私の生きている間には無理かと…とても残念です。
さて今日から師走、12月は「疫病予防と治療月間」です。風邪は万病の源とか。どうか皆様も気温の変化に十分留意されて、インフルエンザや草叢に潜むマダニ等に噛まれない様に気をつけましょう。
健康第一、健康は幸せ、幸せは生きる喜び!!御清聴有難うございました。
[PR]

by osakajotorc | 2017-12-12 11:06 | 会長インフォメーション

2017年11月24日 会長 薦田 光

皆様、今日は。今日のゲスト西中元様お待ち申して居りました。どうぞごゆっくり御歓談下さいませ。又ビジターの横須賀ロータリークラブ会員のエノラ ロジャース様、ようこそいらっしゃいました。エノラ様は大阪が初来訪との事。同席の皆様エノラ様と大阪の面白い事など楽しい会話をよろしくお願い致します。
さて本日は観光対象カ行の「ク」で始まる「熊野詣で」について、御話させて頂きます。今朝のNHKのニュースで、外国人が行き度い旅行先で和歌山の紀伊半島が5番目に入ったとの報告があったそうですが、これは凄いですね。熊野信仰の熊野詣でとはその紀伊半島の熊野地方にある三社即ち熊野坐神社(本宮:熊野本宮大社)・熊野速玉神社(新宮:熊野速玉大社)・熊野那智神社(那智:熊野那智大社)に詣でる事で、熊野三山詣でと呼ばれ平安時代中期頃から盛んになり、皇族・貴族たちは京都から80余里(往復およそ600km)、約1ヶ月の旅程を、途中九十九王子社で休息と熊野遥拝をしながら精神潔斎をし、熊野先達の案内で歩き、また熊野御師の宿坊に宿泊しました。「先達」は今日のツアーガイド、「御師」は宿泊施設(宿坊)の経営者の淵源と云えます。又、この「熊野詣で」はわが国の出発地点へと戻って来る周遊旅行の起源とも云えます。白河上皇にはじまる院政時代(11-12世紀)に隆盛し、中世以降は庶民の参詣も加わり、このため紀伊路(熊野御幸道)や伊勢路(東熊野道)などの熊野参詣路は「蟻の熊野詣」と云われるほどに賑わったものです。そして当時の観光ルートとも云えるこれらの道は、今日「熊野古道」と呼ばれ、2004(平成16)年に「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界文化遺産に登録されました。1998年に世界遺産に登録されたキリスト教の聖地へのサンティアゴ・デ・コンポテスーラの巡礼路(スペイン)と比較されます。両古道は姉妹道提携をして、ユネスコの世界遺産に登録されてからは道の世界遺産どうしの交流を続けています。熊野古道を歩いた後は次の温泉に入ってゆっくり旅の疲れを癒しましょう。つぼ湯の湯の峰温泉・熊野川の支流大塔川の川の中からお湯の湧く川湯温泉・大露天風呂のある渡瀬温泉のわたらせ温泉・日本三美人の湯と呼ばれる龍神温泉の老舗旅館の上御殿は国登録文化財。Etc.
御清聴有難うございました。
[PR]

by osakajotorc | 2017-12-04 11:26 | 会長インフォメーション

2017年11月17日 会長 薦田 光

皆様、今日は。本日は地区ロータリー財団委員会補助金小委員会委員長の今西 良介様(大阪南RC)ようこそお越し下さいました。後程、卓話を拝聴させて頂きます。どうぞ宜敷くお願い致します。又、ゲストの中嶋 勝規様ようこそいらっしゃいました。どうぞごゆっくりお過し下さいませ。
さて、ガバナー月信11月号に米山功労者として細井敦子会員(第2回)と山本健策会員(第3回)が、又ロータリー財団マルチプル・ポール・ハリス・フェローとしては家原泰雄会員(第1回)が掲載されました。御三方おめでとうございます。尚今期米山奨学会寄付状況では、2660地区82クラブ中会員数では45位ぐらいの我クラブは団体寄付第11位・個人寄付第10位・特別寄付は第9位でした。(2017年8月末日現在)ちなみに会員数266人の大阪クラブの個人寄付平均順位は30位です。ロータリーはIサーヴ。我クラブは素晴らしい。
次に本日の私のインフォメーション観光対象「キ」で始まるNo.1は世界中の人々が憧れる日本の伝統文化や世界遺産の社寺が所狭しと並び立つ古都「京都」です。あまりにも身近に在り過ぎて何をどう説明していいかわかりませんので、世界遺産に登録された17社寺についてお話させて頂きます。葵祭りで有名な古典様式を忠実に受け継ぐ神社様式の上賀茂神社・古くより導きの神、勝利の神としての信仰があり事始めの神として知られる下鴨神社・清水の舞台で知られる清水寺・東山文化を代表する「東山慈照寺」銀閣寺・北山文化の象徴として知られる名刹「鹿苑寺」金閣寺・徳川幕府の栄枯盛衰を象徴した二条城・「御室桜」は「お多福桜」のある仁和寺・枯山水方丈石庭の龍安寺・京都五山の第1位とされる天龍寺・120種の苔が美しく境内を覆っている西芳寺(苔寺)・鳥獣人物戯画で知られる栂尾の高山寺・“お西さん”や“飛雲閣”でも知られる西本願寺(龍谷山・「本願寺」)・京都のシンボルとも言える高さ55m、木造塔としては日本一の高さを誇る国宝、五重塔で知られる東寺は弘法大師空海の命日21日にちなんで開かれる弘法市(弘法さん)でも有名です。豊臣秀吉が贅を尽くして行った醍醐の花見の醍醐寺・10円硬貨に描かれている藤原氏ゆかりの平等院・菟道稚郎子、応神、仁徳両天皇を祀っている宇治上神社・京都市左京区と滋賀県大津市の比叡山全域を境内とする平安時代初期に僧侶最澄により開かれた天台宗総本山延暦寺は「日本仏教の母山」とも称されています。17もの世界遺産を4分足らずでしゃべるのは至難の業です。これが京都のほんの一部ですから、古都京都ってすごいですね。時には思い出して頂き京の雅と共に愉しんでみて下さい。御清聴有難うございました。
[PR]

by osakajotorc | 2017-11-27 12:36 | 会長インフォメーション

2017年11月10日 会長 薦田 光

皆様、今日は。ライ君ようこそ、どうぞごゆっくりお過し下さい。
さて本日は11月第1例会、ロータリー財団月間でもあります。又先程私の83回目の誕生祝いをして下さり有難う御座居ました。
今日は財団のお話を少しさせて頂きます。ロータリー財団の正式名は「国際ロータリーのロータリー財」“The Rotary Foundation of Rotary International”といいます。国際ロータリーとの関係は、組織上は別の団体ですが、財団の理事役員には国際ロータリーのパストガバナーが多く就任されているので、二人三脚と云えます。財団の目的はロータリー活動を資金面で支援する事、その資金はロータリアンの皆様方とロータリー活動を支援して下さる世界の方達の奉仕(寄付金)によって賄われています。その流れの中に我クラブのロータリー財団委員会が位置しています。本年度の井土委員長率いる財団委員会の活動方針の財団への寄付として<5.財団恒久寄付のベネファクターは1人以上を目標とする>となっています。当クラブのベネファクターは慣習として歴代会長がなられている様ですが、私は4年前の11月誕生日にベネファクターの寄付を致しましたので、すでに称号を得ていますから、規則で2回は頂けないので困っているところへ、FVP委員会の梅本委員長がベネファクターの申し出をして下さいました。これで我クラブの面目もたちます。梅本会員有難度うございます。次に会員の義務的な寄付として、1.年次寄付$160、2.ポリオ基金$60 計$220は皆様に会費と共にお願いしております。その他財団には大口寄付<アーチC、クランフソサエティ・ポールハリスソサエティ・メンバー・メジャードナー>等色々ありますので、御自由に寄付が出来、認証を受ける事も出来ます。又当クラブには富士谷会長の時「世界で何かよい事をしよう」で始った「FVP未来の夢計画」の実行の時と云って設置されたバラ銭寄付のFVP-BOXは当クラブ独自の誇りある奉仕活動です。この頃下火になっている様ですが、この際認識を深めて頂き、1例会1人100円を寄付して下されば目標の20万円は達成出来ると思います。ニコニコ箱は順調でニコニコ笑顔です。米山奨学委員会は第1回目を〆切りました。3回の例会で25名の会員により合計で33万円でした。心より感謝申し上げます。ロータリー財団月間は奉仕(寄付)させて頂くチャンスです。チャンスを与えて下さった事に感謝して奉仕に励みましょう!!御清聴有難うございました。
[PR]

by osakajotorc | 2017-11-20 12:26 | 会長インフォメーション