カテゴリ:ニュース( 16 )

2014年4月18日 

●座談会
  雑誌・会報委員会
[PR]

by osakajotorc | 2014-04-16 11:58 | ニュース

2014年3月28日 


  ●座談会「クラブとして今後どのように震災復興を考えるか」
           社会奉仕委員会 黒松克行委員長
  ●クラブアッセンブリー④  13:35~ B1 ウィステリア

 
[PR]

by osakajotorc | 2014-03-25 12:50 | ニュース

2013年12月13日 出席・親睦活動委員会

「クリスマス家族会」 出席・親睦活動委員会 高橋俊光 
e0172955_13484194.jpg
e0172955_13492027.jpg
e0172955_13494492.jpg
e0172955_1350131.jpg
e0172955_13503486.jpg
e0172955_13505428.jpg


昨年12月13日(金)に行いましたクリスマス家族会に多数の会員様、ご家族様に
ご参加して頂いたことに感謝申し上げます。
また本年度会長方針である「絆を深め、奉仕の輪を広げよう」ですが、今回のクリスマス家族会が会員同士また家族の絆が深めあえた会であれば幸いでございます。
行き届かぬ点もあろうかと思いますが、皆様のご協力有難う御座いました。
[PR]

by osakajotorc | 2014-02-04 13:51 | ニュース

社会奉仕委員会 社会奉仕理事 黒松 克行

大阪城東RC社会奉仕事業「城北川モツゴ放流事業」報告書

 ホームクラブは長きにわたり城東区の城北川にて「鯉の放流事業」を行っていましたが、鯉ヘルプスの問題から8年前に放流事業を断念いたしました。しかし、今年度は福山会長の会長方針重点項目に「地域との関係強化」が挙げられており、社会奉仕委員会も地域のニーズを汲み、プロジェクトを実践したいと考えておりました。矢先、城東区の小学校の生徒たちがモツゴの放流を行っている事を細井区長から知り、2013年の6月に関目東小学校の授業を見学させてもらいました。
 小学5年生の6限目の授業で「NPO法人大阪モツゴ物語」の安藤さんが熱心に生徒たちにモツゴの育て方を教えていました。又、水槽には石などにくっついた多くのモツゴの卵が入っていました。安藤さんは水道設備工事業でありますが、城北川で産まれたモツゴの卵を孵化させ、育てて又、城北川へ帰す事を何年も前から行っておられ、役所から講師に依頼されたとの事でした。
関目東小学校の東側は城北川に面し、春には川沿いの遊歩道がみごとに咲いた桜の並木道になり、冬にはカモなどの渡り鳥が川面に浮かんでは、小魚などの餌を探しています。学校はアメリカ・カナダ・オーストラリアなどとインターネットで交流するなど、国際交流を学習に取り組み、2012年度からは、すべての教育活動を通じてESDを推進するとともにユネスコスクールの申請も行っている非常に教育熱心な小学校であります。
授業終了後、安藤さん、城東区役所市民協働課の谷川課長などと打ち合わせを行い、ホームクラブも「モツゴ放流事業」に参加させていただくこととなりました。打ち合わせの内容としましてはモツゴを育てるうえでの餌代が必要となり、この費用をRCにお願いしたいとの事でした。2009年からは大阪市教育委員会と大阪商工会議所が行う理科の実験授業に採用された事より、この小学校では4年生から6年生が理科の授業で取り組みたいと校長先生から依頼がありました。
よって、地元城北川でとれたモツゴの卵を春から小学生が育て、育てた稚魚を冬に我々と一緒に城北川に放流するという事業となりました。。子供たちが身近な自然環境や生き物に目を向け、命の尊さや水の大切さを少しでも理解してくれれば嬉しいと思い、この事業を行うことにいたしました。
暑い夏が過ぎ、11月に入った頃には2~5cmのモツゴが教室の水槽で泳いでいるとの
連絡がありました。
 11月29日(金)例会終了後、会員20名にてバスで移動し、関目東小学校の東南にある中菫橋に到着し、公開空地に全員が集まりました。到着した際には、3年生のモツゴ放流授業が終わりかけておりましたが、直ぐに10分の休み時間に入ったので、その際に、福山会長から「アイラブ城北川実行委員会」中農会長に目録を贈呈いたしました。中農会長、細井城東区長の挨拶の中で御礼の言葉をいただき、早速4年生の6限目の授業に入りました。安藤さんが、モツゴ放流手順説明後、福山会長の放流開始の挨拶と同時に生徒たちから順番に地元の町会長や我々が一人2~3匹ずつペットボトルに入れてもらったモツゴを城北川に放流いたしました。記念の集合写真を撮った後、「アイラブ城北実行委員会」よりホームクラブに感謝状が贈られました。その後、生徒たちには感想や質疑応答の時間が設けられ、熱心に安藤さんに質問していました。最後に関目東小学校の筒井校長が挨拶され、御礼を述べられ、無事モツゴの放流を終えることが出来ました。
 半年間、子供たちの環境学習に携われ且つ我々が活動する街の川をきれいにするお手伝いができたことは非常に有意義なプロジェクトだと感じました。

e0172955_15123565.jpg
e0172955_15131020.jpg

 
 
 
e0172955_15181053.jpg

[PR]

by osakajotorc | 2014-01-24 15:17 | ニュース

職業奉仕委員会 委員長 岡俊紀

11月1日神鋼神戸発電所の見学を終えて


「職場見学会を終えて」

日本の発電電量構成比は2010年から大きく変化しています。
約30%を占めていた原子力は、昨年2012年には1.7%へと低下しました。
これを補う様に火力発電は60%から90%近くに増大しています。
地熱、風力、太陽光等の新エネルギーの占める割合は1.6%に過ぎません。
火力原料は、LNG43%、石炭28%、石油等18%、すべて限り有る資源の
化石燃料です。化石燃料を燃焼すれば、如何に最新設備を導入しても、
CO2の排出は押えられません。排出基準は、過去から生産実績と排出を
基準にした相対的に設けられたルールです。
    
神鋼神戸発電所はトップクラスの設備を導入し、CO2排出を最小限に抑えています。しかし、ガイドの説明にも、公開資料にも明記されていませんが、溶鉱炉の廃炉に換え発電事業を起こし、比較の上でCO2排出が軽減された形となっています。

日本のエネルギー政策上、国はこの事業を支援し、又自治体も地場企業を
優遇しています。又、充分な環境保全対策とその側面で地域社会への貢献
がなされていますが、化石燃料を用いた火力発電が人類の未来に何を
もたらすかは予見出来ません。
[PR]

by osakajotorc | 2013-12-25 12:13 | ニュース

新世代委員会  委員長 柳瀨寛之


当クラブとして久しぶりの交換留学生受け入れとなりました。
エミリー・ケーツさん。  米国ミズーリ州ローラ市から来た16歳の女子高校生
です。 お父さんもロータリアン(ローラ・ブレックファストクラブ)で、異国の
当クラブに大事な娘さんを預けるという、ロータリアン同士の深い信頼感を改めて
痛感いたしております。   8月20日の来日以来、大阪府立旭高等学校で学び
持ち前の明るさ、協調性、学習意欲をいかんなく発揮、ホストファミリー宅でも
進んで家事のお手伝いをしてくれて、ホームシックもなく皆安心しています。      
10月には修学旅行で台湾に行って来ました。
 今、一番頑張っている一つが「合気道」それから、当然ですが日本語のレッスン。
どちらもロータリアンの御厚意です。  たくさんの日本の人々に育まれて7月の帰国に         
は一杯の思い出と共に、一回りも二回りも成長してくれていることを願ってやみません。
e0172955_1244582.jpg
e0172955_125683.jpg

[PR]

by osakajotorc | 2013-12-25 12:02 | ニュース

2014年1月10日

●年男新春抱負を語る  松矢浩司会員

●イニシエーションスピーチ 矢口武司会員  富永真之会員

●理事役員会 13:35 コスモスの間


 12/27(金) 1/3(金) 例会休会 

  ※ビジター受け付けは いたしません。
[PR]

by osakajotorc | 2013-12-25 11:55 | ニュース

2013年12月20日

●座談会 (米山奨学委員会担当)

 「米山奨学委員会について」

  米山奨学委員会 委員長 井土 賢一委員長
[PR]

by osakajotorc | 2013-12-17 15:58 | ニュース

2013年12月13日


・例 会         17:00  2階   アルティアの間
・演奏会         17:30  2階   鳳凰Sの間
・クリスマス家族会  18:05  2階   鳳凰Sの間



  *ビジター受け付け 12:00~12:30  地下1階 
[PR]

by osakajotorc | 2013-12-12 16:43 | ニュース

2013年12月6日

●委員会報告   
●年次総会
●理事役員会 13:35 コスモスの間
[PR]

by osakajotorc | 2013-12-02 14:38 | ニュース