2016年3月11日 塩山 弘会員

「ビックリポンのピアノパフォーマンス」  きむら たくや様

皆様こんにちは、塩山でございます。
本日は、あの超有名なキムタクとは、似ても似つかぬ風貌の、神戸のキムタクこと、木村 卓也さんをお迎えして、ピアノパフォーマンスをお届け致します。
今日は奇しくも、あの忌まわしい未曾有の東日本大震災、及び福島第一原発事故から5年という節目の日を迎えますが、復興への道程は、まだまだ厳しい状況にございます。
そんな中、短い時間では御座いますが、ひと時の安らぎを、感じとって頂ければ幸いです。
きむら たくや(ピアニスト)プロフィール
本名:木村卓也。幼少のころより、父・木村浩にピアノを習い、クラシック作曲法を江藤誠仁右衛門氏に師事。常に独自のサウンドを追求するピアノパフォーマンスは、老若男女を問わず幅広い支持をえている。全国で、数々の舞台を踏み、そして、北京での日中文化交流コンサートで、編曲並びにピアニストとして好評を博す。NHK総合テレビ「人間マップ」や、「Jazz Live Kobe」などテレビ番組にも多数出演。作曲にも余念がなく、作品はテレビ番組やFM音楽番組のエンディング曲などにも使用されている。
現在までCDアルバムを8枚リリース。5thアルバム「Bady Elephant Walk」では、au「大人のジャズサイト」ダウンロード連続1位を獲得。2013年きむらたくや小品集「音のスケッチ56」楽譜(CD付き)を出版。
「ブレーメンのおんがく館ミュージックスクール」を主宰し、ジャズ・ポピュラー科で後進の育成にもつとめる。
[PR]

by osakajotorc | 2016-04-05 16:27 | 卓話

<< 2016年4月1日 会長 渡辺 一雄    2016年3月25日 会長 渡... >>